千剣の魔術師と呼ばれた剣士を読むなら電子書籍!評判・あらすじ

千剣の魔術師と呼ばれた剣士の評判・評価、口コミ

千剣の魔術師と呼ばれた剣士の評判はコミック、電子書籍共に好評で、物語の展開とキャラクター共に評価が高いです。

原作は小説ですが漫画版の登場により手に取りやすく、また読みやすいと口コミなどで評判です。

主人公の剣魔術は傭兵として働いていますが、その帰り道に忌み子と呼ばれる双子に出会うことで物語が動き出します。

主人公は格好良く戦う強い系で、双子は可愛らしく感情移入できるとポジティブな評価です。

また、ファンタジーにありがちな難しい設定はなく、すんなりと物語の世界に入ることができます。導入部分が上手なので、抵抗感なく読み始めたり読み終えられるでしょう。

知名度はやや低いものの、作品が秘めているポテンシャルは高く、今後も目が離せない注目株だと思われます。

話が進むにつれて先の展開が読みにくくなり、続きが気になるという状況が生み出されます。

しかし、魅力的なストーリーやキャラクターで構成されている作品なので、もどかしさよりも期待感の方が上回るでしょう。

これは作品の評価傾向に目を通せば一目瞭然ですし、緩やかなペースながらも、ファンは着実に増えていると考えることができます。

双子の境遇は時に涙を誘いますが、主人公と出会ったことで救われたり幸せを知ることになります。

この辺りの書き方も評価が高く、評判が評判を呼んでファンを増やしている形です。

主人公には謎の部分が多く、過去に何があったのか不明な点があります。

それと、パーティメンバーも増え始めたところなので、物語が本格的に動くのはこれからということになりそうです。

原作はWEB小説版ですが、この漫画版は原作と少し展開が異なり、あまり出番のなかったキャラクターにもスポットライトが当てられています。

そこも要注目のポイントですから、タイトルや作品の設定興味を持ったら気軽に読める電子書籍版を手に取って、今からでも読み始めてみるのが良いでしょう。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

千剣の魔術師と呼ばれた剣士のあらすじ

コミック『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』のあらすじは、歴史に記されていない剣魔術の使い手アルディスが、傭兵仕事の帰り道で、忌み子の双子に出会うことから始まります。

双子は衰弱している様子でしたが、アルディスは彼女達を匿い養うことにしました。

しかし2人を養うとなるとお金が必要になり、金策の為に街道に現れた謎の美女を連れてくる依頼を受けます。

理を超えた魔術と剣技を駆使して戦い、絶望や理不尽と不可能を打ち砕く最強の傭兵譚がここから刻まれることになります。

アルディスの目の前に現れた美女は、主と呼んで仰ぐネーレで、同じく無詠唱魔法の使い手です。

ネーレを仲間に迎えたアルディスは、グラインダーにより壊滅的被害を受けた領軍を助けますが、部隊長のデッケンから逆恨みを買ってしまいます。

そして、双子のフィリアとリアナは誘拐されるのでした。

トリア領軍の撃退に成功したアルディスは、コーサスの森に拠点を構え、王都グランに関する情報を集めることにします。

王都周辺には三大強魔と呼ばれる敵が居ると噂で知り、その力を見せつけて知らしめる為に、三大強魔討伐へと赴くことを決めます。

アルディスはトリア領軍と帝国から追われることになりますが、共和国に逃れたどり着きます。

訪れた街のティオリア市で極端な男尊女卑を目にしてしまい、アルディスは不快感を覚えることになります。

しかし少女の案内により、武器屋で偶然にも魔剣を手に入れる結果に繋がります。

数多退けし暴雨という奇妙な名前の魔剣でしたが、誰もが扱い切れず持て余されていたものです。

ネーレよればアルディスこそが持ち主に相応しく、タイミング良く真価を引き出すのに試せる魔物が現れることになります。

電子書籍サイトのおすすめランキング

千剣の魔術師と呼ばれた剣士の主要人物紹介

千剣の魔術師と呼ばれた剣士の主人公アルディスは、無数の剣を自在に操ることのできる剣魔術の使い手です。周囲からは度々魔術師と勘違いされますが、実際には剣士で傭兵稼業を営んでいます。

性格は一見すると冷めてみえますが、衰弱している双子を助け養うなど、面倒見の良い一面を持ちます。

忌み子と呼ばれ虐げられてきた双子のフィリアとリアナは、アルディスと出会い拾われたことで人間らしさを手にします。

やがてアルディスと共に行動することになりますが、敵に遭遇したりトラブルに巻き込まれるなど、読者にとっても目が離せない存在です。

謎多き美女のネーレは、アルディスの強さを認め従者として行動を共にします。普段は狩りや双子の世話など、雑事を中心とした実技に長けている印象を与えます。

ネーレとは果たして何者なのか、なぜアルディスの前に現れて自ら従者に申し出たのか、今後の展開に要注目です。

王都グランで情報屋を営むチェザーレは、情報精度の高さが評価されていて、同業者の間でも一目置かれています。

他の誰も掴んでいない情報を知っており、情報を求めるアルディスとは必然的に出会うことになるのです。

偽名を騙るアルディスを利用して一儲けしようと目論見ますが、その展開と結果は実際に作品を読んで確かめるのが正解でしょう。

カレンは元々セレスに仕えていた侍女で、帝国を脱出する際に国と身分を捨てています。

ただ今でもセレスのことは主と慕い、尊敬の念を抱いている女性です。

セレスはエルメニア帝国の第三皇女で、帝国の呪いと呼ばれる何かを受け継いでいます。

呪いによって幽閉されそうになりますが、侍女カレンの働きにより共に脱出を図り、アルディスと出会ったことで共に旅をすることになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました