賢者の孫の評判・あらすじ!読むなら電子書籍がおすすめ

賢者の孫の評判・評価、口コミ

なろう系小説で評判を呼んだ作品の中でも主人公の能力が高いといわれている「賢者の孫」は、漫画になってから、更にその迫力を増したといわれています。

異世界転生系の中でもわかりやすい勧善懲悪物であることや、主人公の強さが爽快感を感じるとして口コミなどで高い評価を与えられることが多いです。

電子書籍でもスムーズに読めるように配慮されている為、電子書籍で無料サンプルから読み始めてはまる人が多いようです。

既刊が全部まとめて読めるため、欲しい時に手にいれられるとして利用する人が少なくありません。

他の異世界転生物と異なり、自分自身が日本人出会った記憶だけしか持たず、知識だけを持っている為この世界で馴染みやすく、スムーズに周囲と調和している所もポイントです。

展開も無理なく自然な形で進んでいる事や、女性陣が可愛らしいこと、また、ファッションがセクシーなことから男性ファンからの人気も高いようです。

特に絵がきれいだからこそ、ファッションや女性陣の魅力を実感するファンも少なくありません。

学校に入ってから仲間たちが徐々に集まっていく姿なども、ファンタジーの王道として魅力的と感じる人が多いとです。

常識知らずの主人公が周囲とのコミュニケーションによって常識を身に着けているように見えて、身に着けているのか、身に着けていないのか判断に迷う行動をとるなどのギャグシーンも、魅力の一つです。

主人公が祖父母から学んだことを生かして自分自身で道具を作り上げ戦いに生かしていく姿や、前世の知識によってひらめき、新たなアイテムを作り上げるなどの能力も驚かれるポイントといえます。

利用する人々のことを考えて、現代社会で使っている物だけではなく、魔法を取り入れた物として作り上げられているのも魅力でしょう。

是非、スマホでいつでも好きな時に読める「賢者の孫」を読んでみてください。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

賢者の孫のあらすじ

電子コミックでも高い人気を誇るなろう系小説の漫画、「賢者の孫」のあらすじは、現代日本で会社員をしていた男性が交通事故で死亡し、異世界に転生したことから始まります。

気が付いたとき、彼は自分が赤ん坊の姿で老人に助けられていました。彼はそのまま老人によってシンと名付けられ、彼の孫として育つことになります。

シンは祖父のマーリン・ウォルフォードによって森の中で育てられ、彼の職業である魔導士としての知識や技術を存分に叩き込まれます。

森の中で隠居している祖父のもとには多数の友人が訪ねてきており、その中の一人であるミッシェルおじさんによって剣術などを叩きこまれ、剣も魔法もできる人間として育っていきました。

メリダ・ボーウェンと名乗る女性を祖母として魔道具作成のための技術を叩きこまれた結果、前世の記憶や知識を活用し、オリジナリティある魔道具を作成して使うようになります。

魔法技術や能力もさらに進化しており、10歳にして魔物を狩れるようになっており、初めてでいきなり獰猛とされるレッドグリズリーを倒すなど、子供とは思えない活躍を見せていきます。

15歳にしてこの世界でいう成人になった彼の誕生日を祝うため、多くの人が集まりました。

お祝いの席でこれから何をするのかを聞かれ、特に考えていませんでした。

また、物を買う時にお金を使うこと、働くことなどが全く分からず、生きていくのに必要とされている様々な常識が頭に叩き込まれていなかったことがわかったことから、祖父の友人であるディスおじさんの勧めによって学校に通うことになります。

学校に通ってからどんな人と出会って友情や愛情をはぐくみ、常識が身につくのか、どんな敵と戦うのかが見どころです。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

電子書籍サイト特集ページへ

賢者の孫の主要人物紹介

「賢者の孫」の主要人物は、主人公のシン以外で初期に出てくる人は比較的年齢が高めです。

主人公シン・ウォルフォードは前世が現代日本の会社員だった男性で、この世界では1歳の時に魔物に襲われ家族がなくなり、マーリン・ウォルフォードによって養育されるようになります。

魔術の才能があったことや教えれば教えるほど吸収する能力の高さ、更に覚えたことを前世の知識と合わせてオリジナリティあふれるアイテムにする能力などによって、近接・遠隔で最強の能力を持つ人間破壊兵器として成長しました。

唯一の問題としては常識を一切教えていなかった事です。

家に出入りしていたディスおじさんの勧めによって高等魔法学院に入学して常識を学ぶことになります。

主人公の祖父であるマーリン・ウォルフォードは、元々世界を恐怖に陥れた魔人を征伐したことから賢者として名が通っていますが、孫に対して非常に甘い教育をしている人です。

自分のみを自分で守れるようにと孫に魔法を教えていたつもりでしたが、あまりにも覚えが良すぎてどれくらい覚えられるか試した結果、常識を教えることなく育て上げてしまっています。

メリダ・ボーウェンは魔道具の発展に寄与した偉人で導師と呼ばれている女性です。

怒らせるとマーリンだけではなく様々な人が逆らえない実力を持つ人物となっています。

かつてはマーリンと夫婦でしたが、事情によって離婚しました。実は彼女もマーリンと共に、魔人を倒す旅に参加していたという経験があります。

それ以外にもディスおじさんやミッシェルおじさんなど、祖父の友人をはじめ、学院で出会う仲間たちなど脇を固めるキャラクターが多数登場します。

魔法学院の生徒だけではなく、教師や様々な人間との交流も見どころです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました