この音とまれ!の評判・あらすじ※読むなら電子書籍

この音とまれ!の評判・評価、口コミ

この電子書籍、「この音とまれ!」は、とてもおもしろい作品です。

ここにいくつかの評価・評判を載せます。

学校のクラブ活動を舞台にした作品が見たかったので、難易度は高いですが王道の内容です。将来的に発展が期待できる作品でした。

箏クラブのイメージからは程遠い急進的な展開でしたが、第2話以降のクラブ活動の成長物語になることを願っており、「おもしろい」と言えます。

今まで読んだことのない漫画に興味がありました。その少年が監督だったのには驚きましたが、実はその部は廃墟の危機に瀕していてハラハラします。

箏の歌に不慣れで、最初は悪者が箏の歌を演じるというストーリー設定に違和感を覚えました。

ただイラストは良かったですし、キャラクターもかっこよくて、かわいく描かれていました。口コミでも評価が高かったと思います。

次の話を飽きずに見たくなった展開でした。悪いクオンさんは別の悪い罠にかかって警察官になり、その結果祖父を亡くしまし彼はそのような過去に苦しんでいます。

そして、過去の事件で箏クラブで同様の罠にかかっていた九怨と彼が入学した高校を信じていた祖父と、箏クラブのディレクターである倉田さんは、とても良い話と将来の発展を語る所が興味深いです。

箏クラブという珍しいクラブ活動を手にしたことに魅了されました。

元悪い新会員と真面目な眼鏡店長の、でこぼこした組み合わせ感がいい感じです。愛九怨と職人のおじいさんの絆にほっとしました。

次回作の、あるエピソードでうまくいかないクラブ活動が始まるのを楽しみにしています。

もともと原作を読んで期待していたのですが、テンポもキャラクターデザインも良かったと思います。

今後もパフォーマンスシーンがどんどん出てくると思いますので、期待できると思いました。声優もキャラクターに合っていると思います。

大好きな「この音とまれ!」の漫画ということで期待していました。箏の曲を使ったOPかEDだと思って少しがっかりしました。

そうは言っても、「この音とまれ!」の電子書籍は面白いと思うので、読んでみてください。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

この音とまれ!のあらすじ

ここでは、コミックスのあらすじを紹介します。

この電子コミックに登場する時瀬高校の部活は、先輩の卒業により廃止の危機に瀕しています。唯一のメンバーとなった武蔵は、新しいメンバーを集めるのに苦労していました。

しかし愛の天才である里和と見方が悪いと思われる箏と、愛の友である光安の3人の馬鹿が加わったことで状況は一変します。

ドタバタ喜劇をしながらも一生懸命に練習し、学校全体を説得することによって変わっていきます。

同学年の武蔵とひめろが加わり、会員数7名の時瀬箏部が県予選大会に出場し全国大会のチケットを手に入れて成長していきます。

そして、新年には、新メンバーのゆうと名都で、クラブが新たなスタートを切ります。

ゆうの音は、名都の力で周囲と調和しクラブのメンバー全員が最初の反応に興奮していました。

特に、ゆうは「とても楽しかった」と叫び、名都に感謝します。帰り道、名都はゆうの言葉とメンバーの様子を一人で反芻してました。

一方、名都の成長について語りながら、他のメンバーは「きちんと知ってよかった」と言いました。

お腹が空いても、みんなの期待に応えたいと思い、彼らが以前にインタビューされたテレビ放送が差し迫っていると聞きました。

誰もが一緒に見ることにワクワクしますが、ここではこのようなことは難しいと気づきます。

しかし、意外にも名都な街が「やります」という提案を受け入れ、聞いたメンバーは大喜びでした。

また、かつての愛の悪友と有名な箏家保月スタイルの娘でありながら母親と破門された箏穂月が加わり、箏クラブが生まれ変わります。

武蔵は会員の熱意を感じ、「全国を目指す」「全国一位を目指す」と、クラブに渡された紙を書き直すことに専念するのです。

天才的な音楽的才能を持っていましたが、過去に情熱を失った顧問の滝波亮香も、他の学校の圧倒的な能力に圧倒されながら成長することもある箏クラブの登場に触発されました。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

この音とまれ!の主要人物紹介

ここでは、この音とまれの主要登場人物を紹介します。

時瀬高校の箏部は、先輩の卒業により廃止の危機に瀕しています。唯一のメンバーとなった武蔵は、新メンバーを集めるのに苦労しました。

しかし、愛の天才である里和、見方が悪いように見える箏そして愛の友である光安が加わったことで状況は一変しました。

ドタバタ喜劇をしながら一生懸命練習し、学校全体を説得するために遊んでいます。

同学年の武蔵とひめろが加わり、7人のメンバーを持つ時瀬ことべは県予選大会に出場し、全国大会のチケットで育ちました。

そして新年には、常世箏クラブが新会員の有名なゆうの町で新たなスタートを切ります。

ゆうの音は、有都の力で周囲と調和し、時瀬箏クラブのメンバー全員が最初の反応に興奮していました。特に、ゆうは「とても楽しかった」と叫び、有名な街に感謝しました。

帰り道、アキトはゆうの言葉とメンバーだけを反芻していました。そんな中、有都の成長について語りながら、他のメンバーは「きちんと知ってよかった」と言って有都を掘り下げます。

お腹が空いてもみんなの期待が高まっています。

以前にインタビューされたテレビ放送が差し迫っていると聞いたとき、メンバーは浮気します。

誰もが一緒にそれを見ることに興奮していますが、有名な都市はこれが得意ではないはずだと気づいています。

しかし驚いたことに、有都は「元気です」という提案を受け入れ、それを聞いたメンバーは大喜びでした。

この電子コミックスの主人公はたいへん数が多いので、最初は迷うと思いますがすぐに慣れることができるでしょう。

そして、この電子コミックスの魅力的なキャラクターの心理描写に驚き虜になることでしょう。とても優れているためオススメの作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました