神様のバレーの評判・あらすじ紹介@電子書籍で読める!

神様のバレーの評判・口コミ

日本国内には数多くのスポーツ漫画がありますが、その中でも室内球技として日本人にも馴染み深いのがバレーボールだといわれています。

実際に人気の高いバレーボール作品は数多く存在しますが、どの作品もストーリーのメインになってくるのは選手です。

しかし近頃注目されている「神様のバレー」は、作中に登場する主役は選手ではなく監督である特徴を持っています。

「神様のバレー」は原作者に渡辺ツルヤ先生、作画は西崎泰正先生が担当しており、週刊漫画TIMESで現在も連載中の漫画作品です。

2020年現在で連載期間は9年と長期連載となっているほど人気が高く、青年誌に連載されていることもあり作品に登場する主役も学生ではなく社会人であることも、年齢層の高い読者に支持されている理由の一つです。

紙媒体の販売以外にも電子書籍でも展開しているので、気軽にオンラインで購入して読むことが可能なので空き時間でも気軽に楽しむことが可能です。

実際にこの作品を読んだ読者の口コミも好評で評判は高く、その理由として作中に登場する主人公の性格が関係しています。

「神様のバレー」は、主人公である阿月総一が、日本代表の監督就任の約束として一つの中学校を全国一にするという条件から、全国一を生徒と共に目指していく物語となります。

ストーリーを見るとスポーツ作品にありがちな熱血作品をイメージしますが、主人公である阿月総一は、アナリストとして社会人リーグで結果を出すほどの優秀な人材でありながら、非常に性格が悪い特徴を持っています。

試合を全て思うがままに操ろうと、味方までも巻き込む姿は勝つために生徒を管理し、更にメンタル面まで計画的にコントロールしていこうという主人公の指導力の高さに圧倒されると、読者からも受け入れられる主人公の魅力が評価に繋がっています。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

神様のバレーのあらすじ

2012年から週刊漫画TIMESで連載されているバレーボールコミック「神様のバレー」のあらすじは、主人公である阿月総一は元々プロバレーボールのアナリストとして活躍していました。

阿月は態度は不真面目で性格が非常に悪いことで有名でしたが、分析と指示は非常に的確でアナリストとして非常に優秀な能力を持っています。

阿月は常にバレーボールはデータ分析ではなく、嫌がらせの戦略をウリにしており本人の夢として、全日本を率いて世界一になることを目指していました。

そんな夢を持つ主人公に対して社会人バレーボールチーム、日村化成ガンマンズの会長は、全日本の監督の椅子を用意する条件を出します。

その条件とは万年一回戦負けの学生を率いて、全国制覇を成し遂げるといった無理難題を突きつけます。

最初は高校での監督をイメージしていた阿月は、その条件を承諾し男子バレー部の監督を引き受けることになりましたが、赴任先の学校は高校ではなく中学校でした。

阿月が赴任した市立幸大学園中学は元全日本候補だった鷲野孝子が監督を務めていましたが、鷲野の指導は根性論や上下関係が先行してしまいまったく結果が出せていない状態です。

そこでレギュラーメンバーに入ることが出来なかった補欠メンバーを集め、部内で下剋上を起こそうと企てることになります。

阿月が率いる新生幸大学園は着々と、地区大会や秋季大会に挑むことになりますが阿月の研ぎ澄まされた分析力や作戦で試合展開は変化します。

敗戦を通じて生徒達は負けることの悔しさを知り、勝つことの喜びやどの相手にも負けたくないというメンタルを手に入れることになります。

一体主人公は幸大学園を全国制覇に導くことが出来るのか、野望の正体はいったい何なのかという部分が大体のあらすじとなります。

電子書籍サイトのおすすめランキング

神様のバレーの主要人物紹介

神様のバレーは長期連載をする評価が高い人気作品ということもあり、多くの魅力的な登場人物が描かれていることも大きな特徴です。

主人公の阿月総一は、社会人バレーボールチームである日村化成ガンマンズのアナリストを務める青年であり、全日本男子バレーボールチームの監督になる夢を持っていました。

そこで所属しているチームの会長から、弱小チームを全国制覇に導くことを条件に全日本男子の監督になる条件を突きつけられ、幸大学園中学校バレーボール部のコーチに就任しました。

天才戦術家であり、自らの策に絶対の自信を持っており神の一手と公言しているほどですが、性格は傲岸不遜で根性論などは真っ向から否定するリアリストでもあります。

口は悪いですが自分なりの筋は通しているため、選手が活躍すれば素直に称賛することから部員からは絶大な信頼を得ています。

鷲野孝子は幸大学園中学校バレーボール部の監督を務める女性で、かつてはプロのバレーボール選手として活躍していました。

しかし怪我をきっかけに引退し、現在は中学校のバレーボール監督として部員からの信頼は厚いです。

ただ、勝ち負けにこだわらない根性論から、新しく赴任した阿月からは「ハゲワシ」と呼ばれ、不遜な振る舞いを提唱する戦術に快く思っていなかったの対して、人格はともかく能力には大きな信頼を寄せることになります。

幸大学園中学校バレーボール部のキャプテンである滝川三秀は、チームの要となるエーススパイカーであり勝利への執念はすさまじく因縁を持つ井川一樹や二小石中学校バレーボール部に対して、敵愾心を持っています。

万年一回戦負けということもあり全国制覇を諦めていたところ、阿月の采配により試合に勝利したことから再び闘志に火が付き勝利に対して貪欲な姿勢を魅せるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました