鬼滅の刃を読むなら電子書籍がおすすめ※あらすじや口コミ紹介

鬼滅の刃の口コミ・評判

鬼滅の刃は吾峠呼世晴先生の作品で口コミでは、キャラクターに対する高評価が突出しています。

主人公の炭治郎の口コミでは、優しく家族思いであることが高評価、視聴者側からみた理想の兄、兄弟という視点で評価されている傾向が強かったです。

ただ強いだけではなく優しさであったり、家族愛であったり周囲への気配りなどができるキャラクターが今必要とされているとすれば、鬼滅の刃の主人公はその需要を十分に満たしています。

炭治郎はじめ、味方に属するキャラクター配置が絶妙です。

なおかつ絵柄や物語を通して、一貫するレトロと新しさの混じった不思議な大正空間、鬼に変化する演出や、やや妖艶なギミックなどが女性にフィットしたことも、高評価につながった要因といえます。

鬼滅の刃のもう一つのポイントは、デザインです。

登場キャラクターのデザインみならず登場人物が身につける服装は、かなり練られており色合いを大切にする女性にも高評価でした。

見ていて飽きないようデザインに工夫がなされたことも、口コミでは良い評価の要因です。

男性の鬼滅の刃ファンは、戦闘シーン、敵味方の因縁などを重視し好感し高い評価をつけておられます。

鬼滅の刃はインターネットから火がついたとも言える作品です。

デジタルデバイスとの相性もよく、スマホやタブレットPCからの視聴に適しています。

絵柄の線の細さは、デメリットとは言えず、スマートフォンの液晶映えするわけですから、電子書籍で読むとより楽しめるのは確かです。

次に読みたくなる展開、きれいな絵と、キャラの清潔感といった要素は、紙媒体よりスマホによるクッキリした画面で読むとより際立つとの意見もありましたので、よろしければ参考になさってください。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

鬼滅の刃のあらすじ

時代は鬼が跋扈する大正が舞台、主人公は父をなくしたけして裕福とは言えない炭売りの少年です。

平穏な生活を送っていたある日、家族が鬼に襲撃されます。この日の出来事によって主人公の人生は一変します。

鬼によって妹は人ではなくなり、人に戻る手段も見つかりません。途方に暮れる兄の主人公は、兄弟の間に立ったある剣士の意見に従い、鬼を討伐する一団に加わることを決心します。

厳しい剣の修業を終えたのは数年後、身も心もたくましく成長した主人公は晴れて鬼を討伐する部隊の一員として認められます。

未知の鬼との戦いで不安が拭えない中、部隊の一員となって、初めての鬼討伐が始まります。無事に討伐を終えた主人公は、鬼を束ねる者がいることを知り、彼を追うことになります。

旅の途中、ある男の香りに違和感をみた主人公は、彼の後を追います。

そこには人の姿で赤子を抱いた男の姿があったのです。彼は主人公を一瞥し去るのですが、主人公は追うことができません。

その場の主人公の力では、相手の域に達せず見逃す他なかったからです。

主人公は、倒せなかった悔しさをバネにし次々とやってくる凶悪な鬼と戦い続けます。

戦うたびに必要となる剣技、呼吸、体の傷は増える一方の主人公は果たして、妹をもとの姿に戻すことができるのか、本当の敵とは一体何者で、何を理由に人を襲うのかといった謎も散りばめながら、鬼滅の刃の物語は展開していきます。

以上が鬼滅の刃のあらすじですが、漫画独特な表現を通して、人と異形のモノとの争い、それに伴って生まれる仲間や友情、絆や戦い家族への愛情などが描かれた作品です。

あらすじで鬼滅の刃を読んでみたい人は、電子書籍をおすすめいたします。漫画としてドラマとしても楽しめる内容のコミックです。

メロドラマ的な要素もあり、女性との相性のよい内容、多くの人が感動を共感できる作品となっています。コミックの詳しい内容や評判は、電子書籍販売サイトでチェックされるとよいでしょう。

電子書籍で読むならコチラ

鬼滅の刃の主要人物紹介

鬼滅の刃の主人公は炭治郎という少年で剣技の使い手、呼吸を整え、型ををつくり鬼に刃で立ち向かいます。

優しさと厳しさを併せ持ち、妹を守りながら旅を続ける少年です。

妹の禰豆子は、炭治郎の妹で物語のキーパーソン的な位置づけです。

作中の鬼となった禰豆子は、周囲に悲しみを撒き散らすだけではなく、コミカルに描かれることで物語のシリアスさを緩和してくれることに一役買っているキャラクターです。

善逸は、金髪の少し気の弱い少年のように描かれることが多く、炭治郎との対比としても描かれていますが、覚悟を決めてからが面白くなる可愛い系のキャラクターで人気です。

鬼舞辻無惨は鬼なのか人なのか、謎の多い人物として作中描かれています。

容姿は整い、性格は耽美な印象、主人公である炭治郎との対比として描かれているようです。

追う者の必死さと、追われる者の余裕、作中彼らの力関係を通して読んでいくと更に鬼滅の刃を楽しめるかもしれません。

嘴平は、とある事情でイノシシに育てられた少年です。

トレードマークはイノシシの被り物、見た目通りの野生児で戦い方も力重視、粗野な彼も炭治郎と同じ鬼討伐の一団の人員として戦う中で、炭治郎や善逸との交流を通して失った人間性を取り戻してきます。

栗花落は炭治郎と同期の鬼討伐一団の一人、性格は過去のトラウマからくるニヒルな性格、戦闘センスは高く、判断は成り行き任せのコイントスで決めるという虚無感を抱えた女性です。

煉獄杏寿郎は、鬼討伐一団の上位剣士、リーダーの一人で剣士名門の家の出身、つまりエリートです。

派手な容姿とは裏腹に規律を重んじ、討伐一団への配慮愛情も人一倍深いリーダーのような兄のようなキャラクターといえます。

しかし、いざ鬼と対峙すれば、容赦はしないあらゆる評判に関して良いとされるキャラクターです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました