魔物を従える“帝印”を持つ転生賢者の評判・あらすじ※電子書籍で読める

魔物を従える“帝印”を持つ転生賢者 ~かつての魔法と従魔でひっそり最強の冒険者になる~の評判・評価、口コミ

魔物を従える帝印を持つ転生賢者、かつての魔法と従魔でひっそり最強の冒険者になるは電子書籍で人気のある漫画です。

多くの読者からの評判や評価も大変高く、ストーリー展開も大変面白いと大好評です。

これまでの冒険ファンタジーとは違い、異世界に転生した主人公が魔物を従えて、異世界を冒険するというストーリーです。

ほんわかとした物語なのですが、時々シリアスな冒険が待ち構えているので、ハラハラドキドキしながら読み進めていくことが出来るでしょう。

物語は魔物を従える帝印がある皇帝ルディスでしたが、その能力の帝印のせいで不遇の死を迎えることになります。

千年後ルディスは転生をするのですが、今度は自由に生きることが出来る冒険者の道を選ぶのでした。

転生後は、ブルースライムのルーンと再会をし、従魔の契りを回復することになります。回復後は、冒険者ギルドの適性試験を受けることになりました。

かつては六十六代目帝国皇帝として君臨していた主人公ルディスでした。

魔物を従える力を持っていたために、不遇の死を遂げてしまいました。

千年後に転生したらお気楽な冒険者として第二の人生を歩むことが出来るというストーリー展開が読みどころです。

話のスケールが大きいのですが、読み続けていくとどんどん物語の中に引き込まれていきますので、とても面白く読むことが出来ます。

こうした読みやすく面白いストーリー展開にネットの口コミでの評判や評価も高く、多くの読者に受け入れられているのでしょう。

ほんわかとした部分もありますので、男性読者だけではなく、女性読者のファンも多いのが特徴です。

異世界物は読みにくいというイメージがありますが、この物語は話が面白いので夢中になって読むことが出来ます。

是非、スマホやタブレットで好きな時に手軽に読める電子書籍で読んでみてください。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

魔物を従える“帝印”を持つ転生賢者 ~かつての魔法と従魔でひっそり最強の冒険者になる~のあらすじ

電子コミック「魔物を従える“帝印”を持つ転生賢者」のあらすじは、以下です。

六十六代目の帝国皇帝君臨したルディスが王族にはない魔物を従えることが出来るという特殊な能力を持っていました。

そのため、悪皇帝民衆の怒りを買い、不遇の死を遂げるというシーンから始まります。

そして千年後、ある村人夫婦の赤ちゃんとして再びルディスという同じ名前を付けられて、転生しました。

しかし何故か前世の皇帝の記憶を持っていました。

田舎の村に転生したことはいいのですが、移動の自由が制限されていたため、兵士が冒険者にならなければ村の外に出ることは出来ません。

そこでルディスは冒険者という道を選び、15歳を迎えた日、冒険者になり村の外に出ることとなりました。

転生する前は、帝印で膨大な魔力を行使することが出来たルディスでしたが、転生後は人並みの魔力しか使うことは出来ません。

そこでルディスは魔法の練習をします。

冒険者の試験で魔物を狩りに行くことになったのですが、そこでかつての従者の魔物と遭遇します。

従者の魔物から体の一部を貰い、無事に試験に通過し、冒険者になることが出来ました。

かつての従者に会った時に、自分の手に魔物を従えることが出来る帝印が光っていることに気が付き、転生後も帝印を継承したことに気が付きます。

転生後はルディスは、帝印の力を使い冒険者として冒険をすることになりました。

旅の途中で毒矢に刺された姫殿下と出会い、彼女の命を救います。

ルディスは冒険者として手柄を立てていき、次々とランクを上げていきます。

色々な敵と戦いながら成長していくルディスの姿が大変面白い物語です。

前世では思うように行動することが出来なかった主人公が、冒険者として広い世界に進んでいくところが見物でしょう。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

魔物を従える“帝印”を持つ転生賢者 ~かつての魔法と従魔でひっそり最強の冒険者になる~の主要キャラクター紹介

「魔物を従える帝印を持つ転生賢者」の主人公はルディスです。

前世では魔物を従える帝印を持っていたばかりに、不遇の死を迎えてしまいます。

しかし千年後に転生をし、ある農家の夫婦の子供として生まれ変わります。

転生後は何故か前世の記憶を持っていましたが、生まれた場所が田舎であったため、文字も知らずに育ちました。

主要キャラクターのルーンはブルースライムです。

ルーンはルディスにとって、前世でも転生後の人生でも大きく関わりがある魔物です。

前世では従魔物としてルディスと契約を交わしており、転生後もルディスと契約を結びます。

このルーンのおかげでルディスは冒険者になり次々と大きな手柄を取っていくことが出来ますので、重要な役どころでしょう。

スライムのルーンですが、人間の姿で冒険者として登録をします。

人間を襲う敵のゴブリンも登場します。

ゴブリンに襲われた姫殿下と呼ばれる女性をルディスが助けます。

ハンターのエイリスという女性も登場します。

ゴブリン狩りをしている女性です。

頼りになるお姉さんで、色々と助けてくれる役どころです。

この世界の言葉を知らないルディスはヴェスト文字入門を手に入れて、この世界のことを勉強していきます。

世界情勢や歴史のことを勉強しながら、千年という時間の差を埋めていきます。

魔導士のノールなどの仲間が増えながら、冒険の旅に出ていきました。

皇帝ルディスの不遇の死によって、最終的に世の中は平和が戻されましたが、再び魔物の侵略と人間同士の争いが起き、人々の間では、再びルディスの復活が望まれていました。

そしてルディスは自分の姿の銅像が今自分が生きている世界にあるのを見ます。

こうした経緯もあり、来世に転生したのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました