令嬢はまったりをご所望。の評判・あらすじ※読むなら電子書籍!

スポンサーリンク

令嬢はまったりをご所望。の評判・評価、口コミ

令嬢はまったりをご所望は、日本の漫画家であると同時にイラストレーターでもある梶山ミカさんが作者です。

イラストレーターとしての認知度も高く、電子書籍や単行本などの表紙や中身には彼女が描いたものを直接見ることができるので、このような魅力もあるのではないでしょうか。

過労で死んでしまう、小説の世界の悪役令嬢に転生する、これだけを見ると多くの人々は悪役令嬢のザマア系なのではないかなどと考える人は多いようです。

しかし、こちらの作品は読むことでほのぼの系のストーリー展開、そしてイラストレーターでもある漫画家の梶山ミカさんのイラストが読む人々の心を豊かにしてくれる、口コミの評判でも多くみられるモフモフが評価の対象になっているのが特徴です。

また、主人公のローニャはとても一生懸命なヒロインでとてもかわいらしい、このような評価をしている人も少なくありません。

それに、カフェを作るときに手伝ってくれたちび妖精のロトたちは優しい仲間であり、その中でローニャはたくさん幸せになってくれたら良い、このような評判も少なくありません。

書籍の内容がとてもよく気に入っている、このような評価をしている人もいるのですが、その理由の中には元婚約者の人が自分の過ちに気が付いて探し出すストーリー展開は、他の転生ストーリーとは違っているなどが挙げられます。

また、モフモフしている部分は多くの読者の心を掴んでいる部分、何となくラブストーリーのような展開になっているけれども今後の期待がある、このような評判を持つ作品です。

是非、この評判の良い作品をスマホなどで手軽に好きな時に読める電子書籍で読んでみてください。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

令嬢はまったりをご所望。のあらすじ

過労で命を落としてしまったローニャ、人は他の人間やその他の生物などに生まれ変わるといわれています。

ローニャも生まれ変わるのですが、転生するのが少し変わっていてとある小説の世界で悪役令嬢に生まれ変わってしまいます。

ローニャは自分が結婚破棄されてしまい表舞台から引きずり落される、そして最終的には追放されてしまう運命であることを知っているため、それを不安に感じてしまうのです。

その反面、悪役令嬢に転生した世界、この世界の中で平和にゆっくり時間を過ごして行きたいと願います。

このように願ったローニャは、小説で描かれている通りに追放されてしまう、しかしその後で意外な展開が待っていることをそのときには知りません。

追放された後は、小さなちび妖精のロトたちの力を借りて田舎町にカフェをオープンさせます。

喫茶店をオープンさせると個性的な獣人が続々と入店してくるのです。

思いのほかお客さんが多く集まることにこの電子コミックを読んでいる人は、その先がどのようになるのかワクワク感を与えてくれることを感じる、このようなあらすじになっています。

カフェをオープンするときに手伝ってくれたちび妖精のロトたち、そしてオープンしたカフェに訪れる獣人たち、イメージの中では怖いなどのような考えを持つ人も多いかと思われるかもしれません。

しかし、令嬢はまったりをご所望に登場するこれらのキャストはいずれもモフモフ系でかわいらしい設定になっているのが特徴です。

悪役令嬢に転生する設定は数多くあるけれども令嬢というよりもカフェでのローニャを電子コミックでは描かれています。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

令嬢はまったりをご所望。の主要人物紹介

主要人物は主人公のローニャ、生まれ変わったローニャは悪役令嬢でした。

しかし、これもはじめだけでいつもかわいらしい妖精やカフェに通う常連客の獣人たちに囲まれ楽しい日々を過ごしています。

もちろん、ローニャもかわいい女性で愉快に過ごせる日々に満足の顔が続いているのです。

しかし、あるとき苦手な兄が訪れるとローニャたちは大パニックを起こしてしまう、避難先に選んだ獣人宅では予想外の出会いなどがあります。

そのため、その先がどのようになっていくのか読んでいる人にワクワクドキドキを与えてくれるような主要人物が登場しています。

ローニャ・カヴィは伯爵令嬢の16歳、水色かかった白銀の髪の毛とブルーの目が特徴です。

シュナイダー・ゼオランドは公爵子息で金色とブルーアイの16歳です。

伯爵令嬢のレクシー・ベケットや男爵子息のヘンゼル・ライリー、ミサノ・アロガなどはいずれも16歳で、クレイテイア・アメジストは宝石の名前のようなネーミングの魔術師で21歳です。

読者からの人気を集めている妖精たちは、蓮華の妖精のロト、幻獣のラクレイン、精霊のオリフェドート、綿毛の妖精のフィー、小さな蝶の妖精のピコロ、森の仔猫の別名を持つフェリースです。

ロトはベリドットの瞳をしていて淡いライトグリーンの肌をしている二頭身の妖精、人見知りをするけれども甘いものが好物です。

フィーは、プードルのようなカールされた毛になっているのが特徴、つぶらな黒色の瞳と二頭身などの特徴を持ちます。

ピコロはパステルカラーの羽を持つ子供のような姿をしている、フェリースは猫に似ていて白色の長い直毛などの風貌です。

これらの風貌からも読む人にモフモフ感を与えてくれる思わずかわいいと感じさせてくれるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました