やわ男とカタ子の評判・あらすじ!読むなら電子書籍がおすすめ

やわ男とカタ子の評判・評価、口コミ

「やわ男とカタ子」という漫画は、「やわ男」と「カタ子」の出会いによって始まる関係が、その先ではどうなっていくのか?ということが気になるストーリーになっています。

「やわ男」と「カタ子」が何を意味するのかが、まず気になるところかもしれませんが、それについては以下の主要人物紹介で記載させていただきます。

それはさておき、この漫画の評判については、高身長などのマイナス要素でこじらせまくっている喪女の藤子が、小柳と出会って変わっていく様が面白いということで人気があります。

モテない女子であり、さえない藤子が、完全に自信を失っているところから少しずつ意識を変えて、また努力をする姿に応援と共感の思いを抱いている人が口コミでは多くいるようです。

「可愛くありたい」ことを放棄したアラサーの藤子が、小柳のアドバイスによって「可愛い」を取り戻していく過程が注目して読まれています。

その過程を見ながら、「あなたも諦めないで!」「勝手に自分を見限らないで!」というメッセージを受け取って、励まされたという評価もあります。

オネエと思っていた小柳との出会いが、本当の意味での運命の出会いであるのかも気になるポイントになっています。

いろんな理由でこじらせて、自分の殻に閉じこもっている女子へのエールとしても受け取られている漫画です。

最初は藤子がウジウジと煮え切らない態度をしていて、もどかしさも感じますが、小柳の言うことを割と素直に聞いているところが可愛いという声もあります。

小柳による「自分磨きレッスン」を自分も受けたいという感想もありました。

小柳のオネエ気質のやさしさが沁みてきて、小柳のような存在が自分にもいたらいいなと憧れている人もいました。

喪女とオネエの組み合わせなので、このふたりの恋愛はないかと安心して見ていたら、実は小柳は・・という事実も発覚して、この先の展開が楽しみで仕方ないという評価もありました。

この漫画に興味を持たれた方は、ぜひ電子書籍で読んでみてください。

電子書籍なら、好きな時にいつでもスマホで読めるので便利ですよ。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

やわ男とカタ子のあらすじ

「やわ男とカタ子」のあらすじですが、典型的なこじらせ女子がイケてるオネエと運命の出会いをしたことによって始まるストーリーです。

高身長の藤子は大きいことがコンプレックスで、いつしか卑屈になってしまい、モテない喪女になっていました。

恋愛も仕事も、いつだって上手くやっていくのは「小さくて守ってあげたいような女の子」たちです。

高身長の藤子は「どうせ私なんて・・」とすっかり諦めモードに突入していて、メイクや身なりにもそれほど気を遣わずに過ごしていました。

考え方もダメダメで自虐に走ったりしていたところ、親友の「可愛い女子」の久美に誘われて、ある日合コンに行きます。

そんな時でもつい久美と自分を比較して、素直に「女の子」にはなれず、喪女ネタで場を盛り下げる藤子でしたが、ここで意外な出会いがありました。

藤子を見つめる素敵な男性がいたのです。

その男性(小柳)に一緒に帰ることを誘われた藤子は、「男性恐怖症なの?」と突然聞かれ、そのまま2件目にも誘われます。

大人しく見えて、小柳という男は肉食系なのかと疑いつつも付いていくと、ふいに彼の指が藤子の口元に・・。

急な展開に慌てる藤子に小柳は、「なによ、落ちちゃったじゃない」と突然のオネエ言葉でリップを拾いました。

イケメンでちょっと素敵と思った小柳は、実は「やわ男」でした。さっきの店の時とはまるで別人で、小柳は藤子に話しかけてきます。

藤子がひねくれて、女子としての努力をすることを止めたことについても厳しく言ってきます。

泣いて思わず店を飛び出した藤子を小柳は追いかけました。そして「泣かせた責任は取るわ、喪女脱却よ!」となぜか宣言したのでした。

やわ男とカタ子のこの出会い、さあこれからどうなっていくのでしょうか。

続きが気になる人は電子コミックで読むことをおすすめします。

スマホで、いつでもどこでも読めるので便利ですし、紙の本のように置き場所も取らないので良いですよ。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

やわ男とカタ子の主要人物紹介

喪女というのは、もともと2チャンネル用語です。異性に好かれたことのない、恋愛経験のない処女のことをいいます。

「カタ子」こと藤子はまさにこれにピッタリ当てはまっています。

可愛くて女性らしい親友の久美と、正反対の自分のことを比較し続けた結果、モテない・イケてない女子である「喪女」となってしまったのです。

そんな目も当てられない片桐藤子(かたぎりふじこ)は、26歳のアラサーです。

170cm近い高身長がコンプレックスで、顔の作りは可愛らしさとは真逆のスッキリ系です。女子の憧れのパッチリした目ではなく、シュッとした切れ長で、クールな印象を与える顔立ちでした。

高身長といい、男性にはモテない条件ばかりが揃ってしまったことで、すっかり卑屈になっています。

もともとの性格は真面目で明るいのに、可愛い女子のお手本のような久美と一緒にいることで、すっかり負のオーラをこじらせてしまい、モテない、さえない、救いようのないアラサーになっていました。

「やわ男」こと小柳はオネエで、喪女の藤子と出会ったことでダメな考えの意識改革をしていきます。

厳しい指導とアドバイスを藤子に与えますが、オネエ特有の愛情深さも感じられて、まるで師匠と弟子のような関係に見えています。

このふたりなら恋愛関係にはならないだろう・・と思っていたら、実は小柳はバイセクシャルということがわかり、恋愛の歯車も回り始めるの?というのも気になるところです。

藤子の親友の久美は、藤子とは真逆の小さくてピンク色が似合う可愛い女子です。

身長は150cm台なので、藤子と並ぶと凸凹さが目立ってしまいます。可愛いけれど控えめで、性格もいい子です。

負のオーラでこじらせてしまっている藤子のことを心配し、合コンに誘ったりしてきました。

一見正反対のようだけど仲がよく、藤子が小柳に出会ったことで、久美もふたりの様子を見守ることになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました