呪術廻戦の評判・あらすじ!読むなら電子書籍

呪術廻戦の評判・評価、口コミ

呪術廻戦は、今とても勢いがあり口コミなどで評価されている漫画です。

次に来る漫画を紹介するランキングでもここ数回は上位にランクインしており、評判もよく知名度も上がっています。

特に呪力という力を用いた戦闘の迫力は見応えがあり、冨樫義博作品を連想させる小回りやセンスのあるセリフ回しなどに、多くのファンが付いています。

主人公達は学校の生徒なので、先生達も登場します。

直属の先生である五条悟が最強キャラとして存在しているのですが、その五条が序盤に敵の強キャラを瞬殺したところで人気に火が付きました。

呪力を使った戦闘というのは、字で書くと分かりにくいですが、実際はそこまで複雑な描写はないため、非常に入りやすい作品です。

とりあえる何かのエネルギーを使って戦っているんだな、という事が分かれば敵にも味方にも特級、一級などのランクが定められているので非常に分かりやすいです。

主人公の虎杖だけ呪いの王に寄生されているので特殊扱いですが、それ以外は力の序列に沿った役割なのでシンプルに見て行けばいいでしょう。

ただ、設定としてはかなり複雑に練られており、作者もこのぐらいのダメージならこの敵は倒せる、などの指標を出していて決してノリで戦っている訳ではない事が見てとれます。

過去の話を読み返したいシーンが度々あるため、電子書籍で購入しておいて気になるシーンはしょっちゅう見返してみるのがお勧めです。

特に領域展開の名前や、反転術式は序盤から登場するもののしっかりとした設定の元使われているので、繰り返し確認しつつ見て行くと呪術廻戦の奥深さにハマる事間違いありません。

どちらかと言うと人がしっかり死ぬ漫画なので、そういった漫画が好きな人はチェックしたい作品です

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

呪術廻戦のあらすじ

呪術廻戦は、呪いと人との戦いの話です。

あらすじとして、呪いの事など知らずに過ごしていた主人公の虎杖は、ひょんな事から呪いの王である宿儺の指を食べてしまいます。

宿儺は封印されていますが、指を集める事で復活する状態になっています。

本来なら指も食べられるものではないのですが、虎杖は特殊な体で宿儺のよりしろに適応していたのです。

都立呪術高専側はそれを知って虎杖を死刑にしようとしますが、先生である五条の企てによりその死刑が猶予されています。

宿儺の指は手だけで20本あるので、それを集めるまで死刑が保留にされ、虎杖は呪霊を退治しつつ学生生活を送る事になったのです。

呪い側も人間を取り込んで、宿儺を復活させようと作戦を立てます。

しかし五条の力が強すぎるため正攻法では適わないと考えていました。

そこで、五条を封印させるとっておきのアイテムを用意し、時期を決めて攻勢を掛ける作戦を立てたのです。

不穏な動きを察した高専側も人員を投入して呪霊の対峙に動きますが、これが渋谷を舞台とする大戦争になりました。

呪霊側は犠牲を出しつつも五条をなんとか封印に成功、それを救いに来た高専側の戦力と各地で戦いが始まります。

お互い死力を尽くした戦いは一般人の犠牲を大量に出しつつ、高専側も多くの死者が出ています。

虎杖だけでなく仲間の伏黒、釘崎も生徒でありながら最前線での戦いになり、ただでは済まない状況と今後どうなるか分からない展開が見物となっています。

呪術廻戦を読むなら電子コミックがお勧めです。

細かいところまで書き込まれているので、拡大出来る電子コミックでじっくりと読むのに適しています。

敵味方とも死者がかなり出ていて、ここが収まった後どうなってしまうんだという感想も多く聞かれるぐらいすごい事になっているのが呪術廻戦の現在の状況と言えるでしょう。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

電子書籍サイト特集ページへ

呪術廻戦の主要人物紹介

主人公は虎杖悠仁で、呪いの王宿儺の器です。

呪力を使うまでは普通よりちょっと力のある人間といった感じでしたが、宿儺に適応している事が判明し力の使い方を教わる事で強くなりました。

必殺技としてはクリティカルヒットの様に呪力をぶつける黒閃があり、連続で出す事が出来ます。

虎杖の相棒は伏黒恵です。

式神術を得意としていて遠隔攻撃をメインにしますが、実は肉弾戦も得意です。何故か宿儺から良い意味で目を付けられていて、殺される場面で度々救われています。

ヒロインは釘崎野薔薇で、トンカチと釘を使って戦います。

余りにも豪快な性格をしているため、一時は別のヒロインが出て来るかとまで噂されましたが、しっかりとヒロインの座に着いています。

ただし他の作品のヒロインの様に守られる女性像はなく、精神的な意味でも肉体的な意味でも豪快に戦っているのです。

主人公達の先生が五条悟で、目隠しをした特徴的な格好をしています。

味方側の最高戦力ですが、敵側からもそう認められており、五条がいることでまともに戦えないとまで言われていました。

序盤に呪霊側の1位2位を争う漏瑚を瞬殺しているところからも、五条の圧倒的な強さが垣間見られます。体の周りに無限を宿していて、一切の攻撃が五条まで届かないというチート能力です。

五条のかつての親友として、今は呪霊側に裏切っているのが夏油です。

かつて五条に殺されたはずですが今は動いていて、則られている様な描写がされています。

かつて虎杖たちの先輩に当たる乙骨に破れ、五条にトドメを刺されましたが現在の状況はまだよく分かっていません。

呪霊に操られている可能性が高いですが、呪霊側に付いたのは夏油の意思だったので、今後の展開が待ち望まれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました