信長を殺した男の評判・あらすじ!電子書籍で読むのがおすすめ

信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~の評判・評価、口コミ

「信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~」は作画を藤堂裕さん、原案を明智憲三郎さんが担当しています。

明智憲三郎さんは日本の作家や歴史研究家として知られている人物であり、明智光秀の子孫だとされている人物が作成に携わっている作品です。

そのため、明智光秀の本当の姿に近いものが描かれているように感じられると口コミなどで高い評価を得ています。

評判が良い理由はそれだけではなく、歴史上で裏切り者とされることがほとんどの明智光秀について、他の作品とは違った切り口で真実を追究していこうとしているので、そういった点からも高い評価を得ているようです。

また、今にも動き出しそうなほど非常にリアルな人物や動物のイラスト、臨場感のある戦のシーンなども多くの読者から好評なポイントだと言えます。

この作品は単行本が発売されていますが、全8巻という比較的巻数が多い作品です。

これから購入するつもりであれば、単行本ではなく電子書籍で購入することがおすすめです。

実際に読んだ人の多くは何度も読み返したい漫画だとしており、気軽に読み返すことができる方法を選ぶのであれば電子書籍が便利です。

大人が読むとストーリーやイラストに引き込まれてしまう内容となっていますが、打ち首後の生首などが描かれることもあるので、部屋に置いておくことで子供に刺激の強いシーンを見られたくないという場合にも電子書籍なら安心だと言えます。

人気作品であり、書店では欠品となっていることもありますし、紙の本を通販を利用する場合は手に入るまでに時間がかかるでしょう。

素早くサクッと読み始めたいのであれば、電子書籍による購入を検討することがおすすめです。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~のあらすじ

電子コミック「信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~」のあらすじは、以下のようになっています。

日本史上最大のカリスマと呼ばれる織田信長は、家臣である明智光秀によって殺害されたとされており、現在に至るまで明智光秀は逆賊として裏切り者のレッテルを貼られ続けてきました。

本能寺の変を起こしたと小説やテレビなどでも紹介され、逆賊というレッテルを剥がすことはできない状況になっているほどです。

そういった状況の中、子孫であると伝えられている明智憲三郎さんが真実を知りたかったと声を上げました。

定説は真実なのだろうか、歴史は勝者が書き換えることができるという想いをもとに、本能寺の変の真実を解き明かそうとする話となっています。

一般的に当たり前だとされている説に納得がいかなかった明智憲三郎さんが研究を進めたところ、ある事実に辿り着くので、この調査結果に基づいた当時のストーリーを楽しむことができるでしょう。

織田信長のある企てを阻止しようという考えから明智光秀は本能寺の変を起こしますが、後に豊臣秀吉として活躍する羽柴秀吉の存在によって歴史が塗り替えられることになります。

明智光秀が亡くなった後の秀吉は、自分は忠義の家臣、明智光秀を傍若無人で謀反を起こした裏切り者と記した書物を公表し、歴史が塗り替えられてしまうのです。

「信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~」では、その過程や明智光秀が阻止しようとした織田信長の企て、秀吉に情報を流した人物などを解き明かす話となっています。

有名な歴史事象として知られている本能寺の変について理解を深めたい、多角的な見方をしたい人にピッタリのストーリーになっていると言えるでしょう。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~の主要人物紹介

この作品の主要人物には、明智光秀をあげることができます。

教科書などで習うような人物像とは大きく違っており、平和をもたらすために織田信長を討つことを考えるような人物として表現されていることを知っておくと良いです。

ピンチな場面でも弱気になることなく、周囲を信じて前に進もうとする人物だと言えます。

漫画を読み進める中で、これまで抱いていた印象とは大きく違っていると気づくことになるでしょう。

羽柴秀吉、後の豊臣秀吉は内通者からの情報によって明智光秀に勝つための戦略を用意し、それを実行することで明智光秀に勝利しました。

勝利後は自分を忠義の家臣、明智光秀を天下の野望を抱いて謀反を起こした裏切り者とした書物を公式発表させるなど、狡猾な人物として描かれています。

英雄として知られていますが、必ずしもそれが事実ではないという可能性に気づくことができるはずです。

明智憲三郎さんも重要な登場人物に含まれるでしょう。

物語は彼が研究した結果をもとにして進んでおり、明智光秀の扱いに納得がいかない明智憲三郎さんによる説が漫画として描かれています。

定説が必ずしも真実ではないという考えをもとにして、400年以上も多くの人が騙されていた真実に迫るための重要な役割を果たす存在だと言えるでしょう。

「信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~」には、本能寺の変で亡くなった織田信長や明智光秀を裏切った内通者なども登場します。

どの登場人物もストーリーが展開する上で重要なカギを握っている人物であり、要チェックだと言えるでしょう。

メインキャラクターは明智光秀や羽柴秀吉だと言えますが、それ以外の登場キャラクターにも注目して読み進めることによって、よりこの漫画を楽しむことができるようになるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました