ブスに花束を。の評判・あらすじ※電子書籍で読むのがおすすめ

スポンサーリンク

ブスに花束を。の評判・評価、口コミ

電子書籍で楽しめる漫画『ブスに花束を。』の評判・評価は、かなり高いものです。

主人公の田端花が自他ともに認める不細工でネガティブ思考な女の子でした。

しかし、明るく人気のある上野陽介との出会いで、思ってもいなかったスクールライフに変わっていく様子に、共感を持つ人が大勢います。

従来の漫画だと、ブスといっても実は髪型で顔が隠れていただけとか、整形をして容姿を変えるといったことがあります。

でも、この作品ではそういった展開はありません。

花がそのままの状態で頑張っていく姿が口コミなどでとても好感を呼んでいます。

いわゆるスクールカーストというものがでてきますが、それについても上位の女の子が花をいじめることもなくごく普通の学園生活を描いています。

そのゆるい雰囲気に癒やしを感じる人が多いです。

基本的に花はネガティブな想像を抱いてしまうのですが、まっすぐな陽介がそれを壊してくれてます。

そうして二人の距離がどんどんと近づいていく様子に、青春らしい甘酸っぱさを感じて二人の仲を応援したくなるということです。

もっともネガティブといっても、人を嫌な気持ちにさせるほど卑屈なものではありません。

それが気軽に読める面白さにつながっていると評価されています。

絵柄についても、とても優しいタッチで話にとってもマッチしていると評判です。

ところどころ笑いを呼ぶギャグが入っているのですが、その優しい絵で表現されているのが余計に面白さを引き出します。

少年漫画でありながら少女漫画らしい「胸キュン」を描いているので、読者層は男性だけでなく女性もかなり多いです。話が進んでいくと二人はお互いの気持ちに気がつき関係が変わっていくのですが、それから先はどうなるのかと読者を期待させています。

是非、スマホなどでいつでも手軽に読める電子書籍で読んでみてください。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

ブスに花束を。のあらすじ

電子コミックで楽しめる「ブスに花束を。」のあらすじを解説していきましょう。

主人公は田端花といって、目立たい容姿と性格でスクールカーストでは下の方にいる女の子です。

クラスメートから注目を浴びることを好まず、美化委員として朝早く登校しては花瓶に生けられた花を替える日々を送っていました。

ある日、少女漫画の主人公のように古い花を髪につけていると、クラス一のイケメンである上野陽介にその姿を見られてしまいました。

花は恥ずかしさから逃げてしまいましたが、陽介は花瓶の花が変わっていることに気が付きました。

一方で花は恥ずかしい姿を見られたことに動揺し、なんとか陽介に口止めをしようとします。

なかなか、それがうまくいきませんでしたが放課後になってようやく話ができる機会ができます。

そこで、朝に教室で見たことを黙ってほしいとお願いすると、陽介は誰にも言うことのない二人だけの秘密だと伝えて去っていきました。

少女漫画のような展開に心がときめきながらも、ネガティブな思考でそれを否定しなんとか落ち着こうとします。

ところが、これまでクラスメートという以外に接点がなかった二人が、陽介が花の存在を意識したことから何かと関わることになります。

そうして、自らブスと自虐をしてしまうネガティブな花ですが、自分でも気が付かぬうちに、花は陽介のことを好きになっていきます。

二人の距離が近づいていくに連れて、他のクラスメートとの関係性も変わっていき、次第に花は一人ぼっちではなく普通の学園生活を送るようになっていきます。

そのクラスメートたちとの仲が深まるについて、ますます陽介と花の距離は近くなっていき、陽介は思いを伝えることになります。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

ブスに花束を。の主要キャラクター紹介

『ブスに花束を。』の主要キャラクターは、主人公が田端花と言います。

高校1年生でクラスでは女子グループに入りそこねたおかげで一人ぼっちです。

美化委員として、朝早く花瓶の花を交換するだけの目立たない女の子でした。

趣味は少女漫画や恋愛ゲームといったもので、いわゆるオタクのようなものでなにかあるとすぐ妄想してしまいます。

しかし、恥ずかしい妄想をしてしまうと、それを全力で否定するネガティブな性格も持っています。

陽介とはたまたま朝早く花瓶の花を交換した後に、髪に花をつけたところを見られたことから、接近して気持ちが通じるようになります。

そして、花の運命を変える王子様のような役割となるのが、クラス一のイケメンリア充である上野陽介です。

明るく人々からも好かれる性格で、スポーツも万能です。

花のことが気になって話すようになっていきますが、陽介は恋愛についてはあまり得意ではなかったので、自分が花のことが好きなことに後々まで気が付きませんでした。

そんな二人のクラスメートで、花にとっては恋のライバルになるのが鶯谷スミレです。

才色兼備で陽介のことが気になっている女の子です。

しかし、性格には二面性があり、表は大人しい美少女でしたが、裏はとてもしたたかで腹黒い女の子です。

それ故に、陽介が惹かれる花のこともライバル視して、いろいろと妨害しようとします。

ただ、花の純粋さと鈍感さゆえに、そういった工作は上手くいかずに失敗をしてしまいます。

最終的には花のことを認め、友達として仲良くなっていきます。

陽介には、自分の想いを伝えましたが振られてしまいました。

陽介の親友であり、失恋したスミレを支える存在が、五反田鉄雄です。

陽介にとっては中学からの付き合いで強面ですが非常に人のことを思いやれる性格をしています。

失恋をしたすみれを慰めるべく、奔走していく中でかなり仲良くなっていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました