異世界居酒屋「のぶ」の評判・あらすじ!読むなら電子書籍

異世界居酒屋「のぶ」の評判・評価、口コミ

異世界居酒屋「のぶ」は電子書籍でも人気の高い漫画であり、電子書籍は気軽に好きな場所から好きなタイミングで読むことができるのが魅力です。

多くの人が気軽にチェックし、その面白さから高評価となっていて、口コミなどで評判も広がっています。

小説投稿サイトから連載が始まり、刊行されている作品の一つです。

その後加筆修正を経て、新規エピソードを追加した文庫本が刊行され、漫画化やアニメ化、そしてテレビドラマ化までされていてその人気は確かなものとなっています。

店員の暖かさがあり、どこかほっこりする内容になっていて、登場人物一人ひとりに感情移入してしまうほど細かな設定までしてあるのも特徴です。

一話完結ということもあり、気軽に読むことができるのも評判が良い理由の一つです。

日本と異世界の食文化の違いの大きさはもちろんのこと、政治的な駆け引きがあったりインフラ整備の話や教会と市民との関わりといった面も楽しむことができ、奥深い内容になっています。

基本はほのぼのとした内容になっていますが、時折見せる緊張感のあるシーンもメリハリになっていて、飽きることなく楽しむことが出来ます。

日本人の食に対するこだわりや、繊細な味覚を再確認させられる内容にもなっています。

一話ごとに不思議な異世界の謎が解き明かされていったり、なぜ異世界とつながっているのかということもわかるようになっていくので、一話読み切りではありながら次が気になる作品です。

毎回登場人物がつながりを持ち物語が進んでいくので、まとまりも取れていますし、「のぶ」で働くスタッフや常連客など、あらゆる人々の人間としての成長も感じることが出来ます。

料理も美味しそうで絵が綺麗で電子書籍でも、スムーズに読むことが出来る作品になっています。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

異世界居酒屋「のぶ」のあらすじ

電子コミックの異世界居酒屋「のぶ」のあらすじですが、そのタイトル通り異世界で居酒屋をしている二人を中心に始まる物語です。

日本ではシャッター通りと呼ばれる寂れた商店街の一角にある居酒屋の「のぶ」ですが、表の入り口は異世界のアイテーリアと繋がっています。

なぜか古都のアイテーリアの裏路地に繋がっている居酒屋「のぶ」に、異世界の住民達は最初は疑問を持ちながら入りますが、馴染みのない異国風の料理とキンキンに冷えた「トリアエズナマ」の美味さに次々と虜になっていきます。

アイテーリアだけでらやう隣国など遠方の場からの珍客がやってくることもあり、店内や店外で様々な事件も起きる、ドタバタ異世界グルメファンタジーです。

「のぶ」を訪れるお客さんは衛兵や聖職者、水運ギルド長といった少し個性的な面々ばかりです。

ノブ・タイショーが振る舞う美味しいお酒や、異世界には当然存在していない未体験の料理に驚きますが、その魅力にハマり舌鼓を打ちながらひとときの時間を過ごします。

「のぶ」で日々のわずらわしさを忘れことができ、特別な料理と酒を楽しめるとして噂は客から客へと広がっていきます。

物語開始時には、信之としのぶの二人でお店を切り盛りしていて「のぶ」の営業時間は夜のみとなっていましたが、その後はエーファが働くようにあなり、昼食のみの時間帯も営業するようになりました。

その後に「のぶ」で働く事になるヘルミーナの提案により、昼食のみの弁当も販売するようになり、さらに盛り上がりを見せるようになっていきます。

その後には「のぶ」の料理に魅せられて、料理人を目指すようになったハンスも「のぶ」の板前として働く事になります。

二人だったころに比べるとはるかに作業範囲が増えたことにより、大人数に向けた仕出し弁当も販売するようになります。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

異世界居酒屋「のぶ」の主要人物紹介

主要人物となるのが居酒屋「のぶ」の店主兼料理人の矢澤信之で、ノブ・タイショーと異世界人からは呼ばれて親しまれています。

元々は京都の「ゆきつな」という老舗料亭で板前として働いていましたが、物静かな料理人気質であり、料理に対して妥協することがなく負けず嫌いな性格です。

兼ねてから独立して自分のお店を持ちたいと考えていたこととあり、経営が傾いた「ゆきつな」を自ら辞めて京都で「のぶ」を開業することにしました。

しっかりしているように見える反面、お店の戸締りを忘れていたり間違えて食材を大量に仕入れてしまうなど、抜けている反面も持っています。

千家しのぶは、異世界人からは「シノブ」と呼ばれ店の看板娘として親しまれています。

シノブはノブが働いていた「ゆきつな」を経営する家の娘ですが、「ゆきつな」再建のために無理やり結婚させられそうになり、家出してしまいます。

そこで先に店を辞めていたノブに出会い、一緒に「のぶ」をオープンさせることになります。

料亭の女将になるための教育を受けており、接客に関するエキスパートとも言えます。

非常に味覚に敏感であり、ノブの料理の仕上がりにも一役買っています。

記憶力と推察眼に優れているのも特徴であり、「のぶ」にやってくる常連客の好物は全て覚えているのも特徴です。

エーファは「のぶ」の店員として働いているスタッフの一人であり、元々は貧しい身分でありひょんなことから「のぶ」で働くことになる、素直で可愛い少女です。

小動物のような可愛らしさで、お店のマスコットとして人気です。

可愛いだけではなく、肝の据わった一面もありお店でマナー違反の客を叱り付けることもあるくらいのキャラクターで人気です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました