最強勇者はお払い箱の評判・あらすじ※電子書籍で読むのがおすすめ

スポンサーリンク

最強勇者はお払い箱→魔王になったらずっと俺の無双ターンの評判・評価、口コミ

「最強勇者はお払い箱魔王になったらずっと俺の無双ターン」は、原作を澄守彩さん、作画をまさゆみさん、キャラクター原案をjimmyさんが担当している作品です。

小説投稿サイト出身の作品であり、連載されている小説の人気が高かったことから漫画化が決定されました。

ファンタジーものには主人公が最強設定のものが少なくありませんが、この作品は主人公がただ最強であるだけではなく、見た目は不細工で太っていることが特徴的です。

そのため、主人公が最強設定でも他の作品とは違った面白さがあると口コミなどで評価されています。

戦闘シーンも度々描かれますが、ひどくグロテスクなシーンはないので、ファンタジーが読みたいけれどグロテスクな作品は苦手だと感じている人にもピッタリの作品です。

主人公や魔族が魅力的という声があるだけではなく、主人公の考え方に共感できる、人間の浅ましさが分かる素晴らしい作品など高い評判を得ています。

これから購入することを検討している人の中には、紙のコミックを買うことを考えている人も多いはずですが、せっかくであれば電子書籍で購入することがおすすめです。

電子書籍であればいつでも読むことができる、新刊が出たときにすぐに手に入れることができるというメリットもあります。

電子書籍を利用して「最強勇者はお払い箱魔王になったらずっと俺の無双ターン」を読んでみましょう。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

最強勇者はお払い箱→魔王になったらずっと俺の無双ターンのあらすじ

電子コミック「最強勇者はお払い箱魔王になったらずっと俺の無双ターン」のあらすじは、以下のようになっています。

舞台となる世界には「ギフト」という神による恩恵がありました。

魔物の血を受け継ぐ優れた力を持った亜人と違い、何も持たぬ人間を救済するために神が与えた恩恵です。

12歳を迎えた人はギフトを受け取ることで様々な能力に目覚めることができたのですが、勇者ガリウスもギフトの力で最強の勇者となることができました。

魔王との戦いが終わって国王の元に戻ったガリウスは、国王から王子に功績を譲ってほしいと言われます。

勇者と名乗るには不細工すぎるという理由で金貨を渡され、田舎にでも行けと言われてしまったのです。

ガリウスは見た目のせいで幼い頃から虐げられていましたが、そのとき虐げてきた連中と同じような人間を守るために戦っていたことに気づきます。

嫌気がさしたガリウスは大人しく旅に出ようとしますが、支度が間に合わず王子のお披露目会に巻き込まれたのです。

その際に王妃と将軍のたくらみによって王子が殺害されそうになる状況を陰ながら阻止し、暗殺騒動で出会ったワーキャットのリッピと行動をともにします。

旅をする中で魔物たちの温かさに触れ、ガリウスは彼らのために世界をつくることに決めるのです。

結果として、ガリウスは勇者ではなく魔王と呼ばれるようになりますが、浅ましい人間どもと決別して本当は心優しき魔物たちと大切な世界をつくっていくという話となっています。

初めは人間の裏切りに心が痛くなったり腹が立ったりするような展開ですが、読み進めることでガリウスと魔物たちが協力し合います。

より良い世界をつくっていく話にワクワクすることができるようになるでしょう。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

最強勇者はお払い箱→魔王になったらずっと俺の無双ターンの主要キャラクター紹介

「最強勇者はお払い箱魔王になったらずっと俺の無双ターン」の主要キャラクターには、まず主人公のガリウスをあげることができます。

彼は見た目が不細工であることから、幼い頃から「魔物の子」「オークの子」などと呼ばれていました。

そのせいで魔物とまぐわった女だとなじられていた母親は精神を病んでしまい、ガリウスにひどく当たったり疫病神扱いをしたりするようになります。

けれども、「アイテム・マスター」というギフトの力によって最強の力を手にすることができており、勇者として活躍していた人物です。

王子に功績を譲れと言われたときも歯向かうことなく従いますが、暗殺を企てる将軍に容赦なく斬りかかるなど正義感のあると感じられるでしょう。

旅を続ける中で魔物と触れ合うことによって、裏切りによって傷つけられた心が変化していく点に注目すべき人物です。

ワーキャットのリッピはガリウスが最初に行動をともにした魔族だと言えます。

将軍から王子の暗殺の手助けを要請されており、人間を恨むリッピは使えるものは何でも使うという考えから暗殺を行おうとしました。

暗殺に失敗したリッピはガリウスと出会い、その後も一緒に行動することになります。

最初は人間を警戒していたリッピですが、ガリウスの人柄を認め、最終的にはとてもなつく可愛らしいキャラクターです。

他にも、心優しき魔物たちやガリウスを陥れようとする将軍、裏切った国王や浅ましい王妃、功績を自分のものにしようとした王子などのキャラクターが登場します。

話が進むにつれてさらにたくさんのキャラクターが登場しており、どの人物や魔族もとても魅力的です。

それぞれが物語に重要な役割を果たしているので、要チェックだと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました