ゴールデンカムイのあらすじや評判!電子書籍で読める

ゴールデンカムイの評判・評価、口コミ

ゴールデンカムイは、アイヌという珍しいモチーフを採り入れていたり、地道な取材に基づく文化やグルメ要素が高く評価されています。

アニメ化で注目を集めたり成功を収めていますが、原作の漫画版は絵に迫力があって、人を惹きつける魅力があると口コミでも好評です。

また、魅力的な主人公や個性的な登場人物など、一言では語れないキャラクターが充実しているのも見逃せないポイントです。

ヒロインの秘密や金塊のありかとそれにまつわる物語といった、ストーリー部分がしっかり作られているのも人気の理由となっています。

自然を駆け抜ける弱肉強食の世界なので、時に野生動物と対峙したり、仕留めた獲物をいただく生々しい描写もあります。

しかし、それらを含めて魅力的な作品に仕上がっており、高いレベルでエンターテイメントが成立している作品です。

話のテンポはかなり良いですから、一度読み始めてハマれば、あっという間に最新巻まで読み進められるでしょう。

紙の漫画も大人気ですが、電子書籍版も好評なので、ゴールデンカムイに興味を持ったらこちらも狙い目です。

漫画は23巻まで出ていますから、今から読み始めればたっぷりとゴールデンカムイの世界に浸れますし、舞台の明治末期にタイムスリップして北海道を駆け抜けられます。

既に累計1400万部達成と好調ですが、最新巻でも謎が謎を呼んだり先が気になる物語展開なので、評価が高く評判が安定しているのも頷けます。

アニメ3期も決まってまだまだ盛り上がりを見せる様相ですから、今後もゴールデンカムイから目を離すことはできないでしょう。

ゴールデンカムイはアイヌ文化と歴史をベースに、冒険やバトルと狩猟にグルメなど、様々な要素が詰め込まれているエンターテイメントです。

ギャグ要素も散りばめられているので、過酷な舞台を命がけで生き残ろうとする作品ですが、程良い緩急で楽しく読み進められると評判です。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

ゴールデンカムイのあらすじ

ゴールデンカムイのコミックのあらすじは、日露戦争が終結した冬に、元陸軍兵の杉元佐一は北海道で砂金を取るところから始まります。

杉元は眼病を患う幼馴染の梅子の治療費を得る為に、金になる砂金を求めてこの地を訪れます。

そこでアイヌが秘蔵したとされる金塊の話を耳にしたことで、杉元の運命は大きく変わることになります。

杉元は冬眠明けのヒグマに襲われてしまいますが、そこに偶然アイヌの少女アシリパが現れます。

命を救われた杉元は、成り行きでアシリパと共に金塊の在処と、アシリパの父ウイルクの命を奪ったのっぺら坊の行方を追うことになります。

一方、網走監獄では金塊の在処を伝える為に、入れ墨を彫った囚人達が脱獄しました。

のっぺら坊の手引で脱獄した囚人達に掘られた入れ墨は、金塊の在処を示すヒントになっています。

それに気がついた杉元や敵対する勢力達は、入れ墨の入った刺青人皮を1枚でも多く手に入れるべく、争奪戦を開始することになります。

金塊を手にするには全ての暗号解読が必要で、杉元は梅子の治療費の為に命を掛けた戦いへと身を投じます。

もし金塊の獲得に成功した場合、杉元は治療費だけを受け取り、残りはアイヌに戻すとアシリパと約束します。

またアシリパの父ウイルクの敵を討つことも条件に、2人は協力することになったわけです。

金塊探しには陸軍も動いており、第七師団の歩兵大隊に属する情報将校、鶴見篤四郎中尉は特に執念深く金塊の在処を見つけるべく暗躍します。

鶴見は日露戦争での活躍が報われないことを根に持ち、師団員に活躍の場を与える為に、北海道遠征の資金を必要とするのでした。

脱獄囚に、戊辰戦争で亡くなったはずの土方歳三が含まれていたと発覚したり、ウイルクの友人を名乗るアイヌのキロランケが登場するなど、物語は混沌の様相を見せます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

電子書籍サイト特集ページへ

ゴールデンカムイの主要人物紹介

ゴールデンカムイの主人公杉元佐一は、元大日本帝国陸軍一等卒ですが、別名不死身の杉元と呼ばれています。

20歳前半の青年ではありますが、顔には大きな傷跡が残り、過酷な戦場を生き延びてきたことが窺えます。

ピンチに陥った時の戦闘力は本物で、強運と共に生への執着心によって、幾度となく生還を果たしている人物です。

重篤な負傷でも驚異的な回復力を見せ、アシリパを守る為に何度でも蘇ります。

射撃は本人も自覚するほど下手ですが、近接戦は得意で間合いを詰めると有利に立ちます。

ヒロインのアシリパは、10歳前半ながらも勇敢に生きる少女で、弓の腕は特にピカイチです。

父譲りの濃紺色の瞳からは、ポーランド人と樺太アイヌの混血ということが分かります。

文化や風習を大切にしていますが、本人は新しい時代のアイヌの女を自称して、固定観念にとらわれない振る舞いをします。

また変顔でシリアスなシーンを和ませますが、本気で戦う時の姿は格好良く、そのギャップが読者を惹きつけます。

身体に入れ墨が入る囚人の1人白石由竹は、脱獄王と呼ばれる脱獄の名人で、杉元やアシリパと行動を共にすることになります。

関節を脱臼させることが可能で、狭い場所でも自由に出入りするなど、並外れた身体能力を持ちます。

ムードメーカー的なコメディリリーフを担当しますが、ピンチに陥った時は脱獄王の異名の能力を発揮して、時に杉元達をピンチから救うこともあります。

他にも土方一味の土方歳三と永倉新八や牛山辰馬に尾形百之助、第七師団の鶴見篤四郎や谷垣源次郎、月島基に二階堂兄弟、鯉登音之進といった個性的な人物が勢揃いです。

網走監獄脱獄を企てたのっぺら坊、アシリパの父ウイルクと、ゴールデンカムイは魅力溢れるキャラクターが充実です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました