Perfect Crimeの評判・あらすじ※電子書籍で読める

Perfect Crimeの評判・評価、口コミ

電子書籍で人気が高い漫画「Perfect Crime」は、ウェブ小説サイトで人気が高かったラブサスペンスを漫画化した作品です。

大人向けの恋愛の駆け引きや人間関係のどろどろとした部分に魅力を感じる女性を中心に、読者が多いようです。

特に大人同士の人間関係の駆け引きや、罠をテーマにした作品だけあって、誰が誰にどういった理由で罠を仕掛けているのか、伏線や暗喩などから読み取ろうとする人から高く評価を受けている作品です。

主人公がいったい誰と付き合うようになるのか、彼女と関係する登場人物が彼女に近づいている理由などを踏まえて、様々な憶測が飛んでいます。

もちろん恋愛だけではなく、仕事などに関する部分でも様々な人間の思惑が飛び交っており、単なる恋愛漫画としてだけではないと口コミなどで評判が高いです。

恋愛面と、本社内の人間関係も一筋縄ではいかないとあって、次々に起こるトラブルが見逃せないと感じる人も多いようです。

主人公が恋愛も仕事も幸せになる日が来るのかどうか、読み始めたら止まらないという意見も少なくありません。

人間は誰もが表の顔とは全く違う、別の表情を持っているといいます。

この作品ではだれもが持つ二面性について非常にわかりやすく描かれています。

読み進めていくうちに主人公たちに共感する人や、共感はできなくても主人公や周りの人間の行動を理解できると感じる人が多いです。

単なるラブサスペンスではなく、人間関係の心の機微や、大人同士の恋愛関係の行方を含め、女性を中心に読者が多いのもうなずける作品となっています。

スマホやタブレットでいつでも読める電子書籍でなら、隙間時間に彼らの恋愛の行方を追うことも簡単です。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

Perfect Crimeのあらすじ

電子コミックで人気が高い「Perfect Crime」の主なあらすじは、かなりハードな展開となっています。

主人公である前島香織は仕事のできるキャリアウーマンで、会社ではできる人物として高く評価をされていました。

しかし、プライベートでは社内の第二資料室を使って、上司である冬木拓馬との不倫関係を7年も続けていています。

いつものように密会を済ませて冬木が第二資料室を出て行ったあと、彼女の目の前に現れたのは香港支社から異動してきたばかりの天才デザイナー、東雲でした。

無表情で彼女を見つめてからかうように声をかけ、社内で不純な行為をするなと注意を受けます。

すべてが終わりを告げるかと思っていた彼女は、ほかの社員のように不倫関係を吹聴する気はなさそうだと判断しますが、実はこの時、彼女は大きな罠に落ちようとしていました。

次のプロジェクトで東雲とパートナーを組むことになる彼女ですが、東雲に個人的に嫌いだと告げられ、売り言葉に買い言葉で彼女自身も彼が嫌いだといいます。

しかし、彼は彼女の仕事の腕をとても評価しており、このままではもったいないから不倫関係を断ち切ったほうがいいとアドバイスをしてきました。

口論の末、彼女は彼に半ば強制的に体を奪われる形となりますが、相変わらず彼女を嫌いという彼と、長い間付き合っている冬木との間で心が揺れ動きます。

彼女はいったいどちらを選ぶことになるのか、また、彼女を巡って冬木と東雲の間の関係はどうなっていくのかなど、様々な人間関係がもつれあっています。

スピーディーに変化していく展開が見逃せません。

ストーリーが進むにつれて明らかになる冬木の妻の沙織が、どのように彼らと関係していくのかも、見逃せないポイントとなっています。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

Perfect Crimeの主要キャラクター紹介

「Perfect Crime」の主要人物は基本的に3人ですが、ストーリーが進むにつれて徐々に増えていきます。

前島香織:33歳の女性で、主人公です。

住宅メーカーデザイン部プランニング課のチーフとして働く実力あるインテリアプランナーで、社内では仕事のできる人物として一目置かれています。

しかし、プライベートでは上司である冬樹部長との7年間に及ぶ不倫関係を続けていました。

「将来を望むことができない恋愛だと分かっていても、愛しているから」と思ってはいるものの、不安定な気持ちになる事も少なくありません。

冬木拓馬:香織が務める住宅メーカーの、デザイン部の部長です。

沙織という妻がいますが、7年間香織との不倫関係を続けてきました。

妻を愛していながら、香織の事を手放さず、マインドコントロールによって自分の思うとおりに操ってきた男性です。

独占欲や支配欲が強く、仕事はできても女性に対してはずるい男といえます。

東雲遥斗:住宅メーカーの香港支社からデザイン課に異動してきたデザイナーで、その実力は社内でもナンバーワンといわれています。

冷静な性格と誰もが心を奪われる顔立ちの良さを持つハイスペックな男性ですが、なぜか香織に対して敵意をむき出しにする人物です。

あることをきっかけに彼女にしつこく近づくようになります。

敵意を持ちながらなぜか彼女に近づいてくる為、彼女の敵か味方か判断しづらいです。

彼女たちの他にも、冬樹の妻沙織や、会社の同僚である男性デザイナーの小野など、様々な人物が登場します。

ストーリーが進むにつれて彼らとの関係により、主人公たちの関係に大きな影響があるため、彼らについてもチェックしておいたほうがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました