チカーノKEI~米国極悪刑務所を生き抜いた日本人~の評判※電子書籍で読める

スポンサーリンク

チカーノKEI~米国極悪刑務所を生き抜いた日本人~の評判・評価、口コミ

「チカーノKEI~米国極悪刑務所を生き抜いた日本人~」は、実際にアメリカの刑務所で10年以上獄中生活を送っていたKEIさんが原作を担当している漫画です。

作画はマサシさんが担当しており、マサシさんの描く獄中の雰囲気やバトルシーンが見どころとなっています。

原作者兼主人公のKEIさんはある事件でハワイのホノルルで逮捕されて懲役10年の判決を受け、アメリカで最高危険ランクであるレベル5とされている場所に収監されました。

この作品は実体験をもとに描かれている漫画なので、リアリティがあることから口コミなどで高い評判を得ています。

男らしい生き様が描かれていることから、男性を中心として高い評価を得ている作品です。

ケンカものの作品が好きな人には特にピッタリの作品だと言えるでしょう。スリルやハラハラ感を味わいたいという欲求を満たすことができるはずです。

この作品は単行本でも出版されていますが、これから購入することを検討しているのであれば電子書籍で購入することがおすすめです。

今後どのくらいまで巻数が増えるのか予測することはできず、かなりの巻数になってしまう可能性があることを考えると、本棚のスペースなどを気にしなくても良い電子書籍が便利です。

家族がいる場合など、部屋にコミックを置いておくことでケンカのシーンが多い作品を見られたくない、見せたくないと考える人も多いですが、電子書籍であればスマートフォンなどでコッソリと読むことができます。

今後新刊が発売されたときにすぐに手に入れやすい、いつでもストーリーを見返すことができるなどの利点もあるので、電子書籍の購入を検討すると良いでしょう。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

チカーノKEI~米国極悪刑務所を生き抜いた日本人~のあらすじ

電子コミック「チカーノKEI~米国極悪刑務所を生き抜いた日本人~」のあらすじは、以下のようになっています。

若気の至りでヤクザをやっていたKEIはとある事件でハワイのホノルルにて逮捕されることになりました。

懲役10年の判決を受けた後に収監が決まったのは、アメリカで最高危険ランクレベル5であるランパークです。

受刑者は2,000人を超えており、終身刑になった人や凶悪な囚人が辿り着く場所として知られている場所でした。

チカーノとクリップスと呼ばれる派閥に分かれており、食事中にも喧嘩や刺し合いなどが起こるような場所ですが、KEIは知らない国でくたばるつもりはないという気持ちで生き抜こうとします。

新入りのKEIは早速声をかけてきた2人組に騙され、暴力を振るわれた後にお金を取られそうになりました。

しかしながら、彼は立ち上がり、2人組のうちの屈強な男に後ろから襲い掛かって耳を噛みちぎってしまうのです。

残った1人から強さを認められてクリップスに入らないかと誘われますが、入るわけないと相手の顔を殴っていたところ、ケンカがバレそうになったので一時退散します。

その後、一般房に移された際に同室のロムロからアドバイスをもらうようになり、チカーノに入っているロムロと関わることでKEIもチカーノと深く関わっていくことになるのです。

ヤクザなのに意外と裁縫ができる主人公がランドリーと呼ばれる裁縫技術が必要な仕事に合格するなど、笑ってしまうような描写もありますが、サウスチカーノに入った主人公は様々な争いに巻き込まれることになります。

刑務所内での抗争などを経験しつつ、KEIがアメリカの極悪刑務所で生き抜いていく様を楽しむことができる作品です。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

チカーノKEI~米国極悪刑務所を生き抜いた日本人~の主要人物紹介

主要登場人物としては、主人公のKEIをあげることができます。

実在する元ヤクザのHOMIE KEIさんがモデルとなっています。

収監されたカリフォルニア州内のランパーク刑務所で唯一の日本人であり、新入りだからと弱者として認定されることもありましたが、やられたままで終わるタイプではありません。

お金を騙し取ろうとした2人組の耳を噛みちぎるなど、積極的に戦う姿勢を見せる男だと言えます。

最初にタバコをくれたからという理由で、お金を騙し取ろうとした男にお金をキッチリ返すなど、義理堅い部分も感じることができるでしょう。

縄張りのボスに気に入られてチームに所属することに決まりますし、物語が進むとチームメンバーからは義理堅さが気に入られるようになります。

主人公のKEIの同室になるロムロも主要登場人物です。

ロムロはチカーノに所属するメンバーでありボクシングの腕前が素晴らしい人物だと言えます。

右も左も分からないKEIに対して、親切にランパーク刑務所内のことや派閥について教えてくれる重要な人物です。

登場人物にはいかつい男性も多いですが、ロムロは端正な顔立ちに高い鼻と鋭い目を持つ美形キャラクターであることも特徴的だと言えます。

他にもロムロと友人のウォンやルームメイトのカリーム、チカーノのボスやメンバー、他の派閥の人々も登場しますが、多くの人物が重要な役割を果たしているので要チェックです。

個性豊かなキャラクターたちが、抗争や事件などの問題を引き起こし、主人公たちが戦っていく様を見ることができるでしょう。

獄中にはたくさんのユニークなキャラがいるので、こういったキャラの性格なども楽しみつつ読み進めることがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました