明日、私は誰かのカノジョのあらすじ・評判!読むなら電子書籍

明日、私は誰かのカノジョの評判・評価、口コミ

明日、私は誰かのカノジョの評判は絵が綺麗でストーリーも良く、切ない展開で次が気になると口コミなどで好評です。

また一度読み始めるとあっという間に読み進められるので、漫画を読むなら気軽に購入できる電子書籍版がおすすめだと思います。

電子書籍版はお試し可能で、評価の高さがすぐに分かる読みやすさですから、作品に興味を持った場合に狙い目です。

ヒロインの雪は、可愛らしい見た目とは裏腹に闇を抱えているキャラクターです。

そのギャップがファンの間で評価が高く、作品がより魅力的に感じられるポイントとなっています。

登場人物は皆おしゃれで魅力的ですが、同時に様々なものを内側に抱えています。

内面の心理や心の変化も丁寧に描かれる作品なので、見た目に現れる建前と、闇に隠れている本音を知ることができるでしょう。

中身を知ろうとせず興味を持たない、そう周囲を切り捨てる雪ですが、物語が進むに連れて心境に変化が出てきます。

人と人との関係性や恋愛について考えさせる作品ですから、人間関係に悩んでいる人の間で評価が高い傾向です。

深い関係だから良いとは限らない、その意味が分かる作品でもありますし、読みやすいのに読了後は読み応えと満足感を覚えるでしょう。

しかし、内容は決してダークではなく、むしろビターで切ない感じですから、切なさを味わいたい人に向いている作品です。

絵に惹かれて読み始めると、良い意味で裏切られますから、漫画で裏切られたい人におすすめできます。

漫画の構成の観点だと、女性の心理を理解した描写が多く、服装やポーズに仕草のどれを取っても女性らしい魅力が現れます。

そういうところも評判ですし、男性の漫画家には描けない作品だと評価されています。

是非、電子書籍でこの作品を読んでみてください。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

明日、私は誰かのカノジョのあらすじ

コミック『明日、私は誰かのカノジョ』のあらすじは、1週間に1回誰かの彼女になる主人公の雪が、偽の彼女として若いサラリーマン壮太に出会うところから始まります。

単なる客の壮太と雪はあくまでも偽物の関係でしたが、次第に壮太は本気で好きになっていきます。

雪は小さい頃に大やけどを負い、目立つ痕が残ったことで夢を抱けなくなった過去を持ちます。

学校では教師の喜びそうなことを作文に書いたりしていましたが、今では何を書いたかも思い出せないほど、過去や自身に興味を持てなくなっています。

雪がレンタル彼女のバイトを始めたのは大学生になった頃で、仕事に出る前にやけどの痕をメイクで入念に消すのが日課です。

そんな彼女が話す言葉は全て、仕事のリピートを取る為の嘘です。

2人は仕事を通じて出会い変化していくことになります。

壮太は社会人に成り立てで、最初は女性を前にすると緊張で固まっていました。

ところがうっかり彼女ができたと周囲に漏らしてしまい、そこから雪に対し人前で彼女役を演じて欲しいと頼む流れになります。

仕事の一環と納得して依頼を受けた彼女は、壮太の友達の達也や達也の彼女麻里に紹介され、一緒にデートをすることになりました。

映画を見たりカフェで話をする中で、雪は壮太を母親に愛されて大事に育てられたと感じます。

幸せな家庭で育てられなかった雪は、壮太と住む世界の違う分かり合えない人物だと結論づけます。

そして、壮太の友達の達也が何気なく雪のことを可愛いというと、彼女の麻里は嫉妬をして雪の服に文句をつけたり、根がビッチだと罵ります。

壮太その後謝罪をしますが、彼女は一度も素で話をしていないと告げ、謝罪の言葉を無視して帰ってしまうのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

電子書籍サイト特集ページへ

明日、私は誰かのカノジョの主要人物紹介

明日、私は誰かのカノジョの主人公雪は、虐待を受けながら育てられ、母親の愛情を知らずに育ちました。母親の呪縛からは逃れたものの、他人の好意を受け止めるのが苦手で、本音を嘘で覆い隠してしまいます。

また子供の頃についたやけどの痕がコンプレックスで、夢も希望も諦めてしまっている状況です。

壮太とはあくまでも仕事の関係でしたが、壮太にやけどの痕を見られたことで物語が動き出します。

壮太は社会人に成り立てのサラリーマンで、恋愛経験が浅く、女性の前では緊張してしまううぶな男です。しかし嘘とはいえ彼女ができたことを喜び、ついうっかり雪を本物の彼女として友人に紹介してしまいます。

そのことで雪を傷つけてしまったり、すれ違うこともありますが、次第にお互いを少しずつ知ることになっていきます。

雪は見た目だけで近寄ってくる男達を軽蔑していましたが、壮太には何か違うものを感じることになります。

達也は壮太の友人で、友人に彼女ができたことを喜んだり、雪のことを可愛いと思っていることを口に出す人物です。

ところが、思っていることを口に出してしまい、彼女の麻里を嫉妬させたり、雪を傷つける切っ掛けになります。

決して悪気のない男ですが、若干女心に疎かったり空気を読めないところがあります。

達也の彼女の麻里は当初、壮太を彼氏の達也のただの友人と考えたり、付き合いでデートをしています。

しかし、デートをする中で雪を意識したり、達也が口にした言葉で嫉妬に狂うことになります。

リナは雪の唯一ともいえる友人で、雪にとっては他の誰とも違って本音を出せる相手です。

リナもまた雪と同じような仕事をしていますが、彼氏を既婚者と知って絶望したり、傷ついて泣き出してしまうほど繊細です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました