約束のネバーランドの評判・あらすじ※読むなら電子書籍がおすすめ

約束のネバーランドの評判・評価、口コミ

「約束のネバーランド」をご存知ですか。

この作品は子供向けというよりも「大人向けのファンタジーサスペンス物語」です。

週刊少年ジャンプで2016年35号から2020年28号まで連載されている人気漫画の一つです。原作書は白井カイウ先生、作画は出水ぽすか先生になります。

シリーズの累計発行部数はなんとすでに2500万部を突破していることから、人気の高さが分かります。

電子書籍でも読むことができるので便利ですね。

漫画に加えて、アニメでの高い支持があって、2020年12月から実写版映画が公開される予定です。

北川景子や渡辺直美などの有名女優や芸人が出演することもあり、公開前からネットやSNSで大きな反響を呼んでいます。

ストーリーはサバイバル脱獄ものであり、頭脳を働かせ主人公たちが脱出を試みるシリアスさとバトルがなんといっても人気の秘密です。考察や伏線探しをする大人も増えているのです。

子供にとって、難解な推理をしなければならないこともあり、一回で理解するには少し難しいかもしれません。

そういう理由から、子供よりも大人に人気があることがお分かりいただけたでしょうか。

加えて、一人一人の登場人物のキャラクターがなんといっても売りで、登場人物の心情や心の変化を漫画やアニメを通して感じることができます。

イラストが綺麗で繊細なタッチで描かれており、今では女子からも口コミで高い評判を得ています。

そのため最近では男女問わずファンになる人が急増しているのです。

一度漫画やアニメにハマると最終回まで観たいと思う人が続出するのもうなずけます。

「ジャンプらしくない」といった評価も一部ではされていますが、従来の少年ジャンプの作品とは、一線を画していることで、新たな注目を浴びているのです。

是非、スマホで好きな時間にどこでも読める電子書籍で読んでみてください。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

約束のネバーランドのあらすじ

あらすじを説明すると、舞台はグレイス=フィールドハウスと呼ばれる孤児院での物語になります。

ここにいる子供たちは幼い頃に捨てられ、この孤児院で「ママ」と慕われるイザベラのもとで幸せな日々を過ごしていました。

ここでは、特殊な勉強を行い、テストの成績に応じてレベル分けがされています。

6歳から12歳までの間に里親の元へと送り返すことを子供たちは教えてもらっていました。

しかし、些細なことがきっかけで主人公のエマはこの孤児院に対しての不信感を募らせます。

それは、コニーという少女里親が見つかり、コニーが外の世界に出ることになった時に、彼女の大事にしていた人形が孤児院に置き忘れていたことにエマは気付きます。

エマと、知能が高いノーマンはその人形を彼女に届けるために、孤児院の外に行き、彼女を探します。

しかし、その時に近くことを禁じられていた門で、コニーが食肉として出荷されたことを目撃し、衝撃を受けます。

この事件から、エマとノーマンは孤児院に対しての不審感を募らせ、孤児院は牢獄であることを認識し、ここを出なければ幸せになれないと気づくのです。

何としてでも逃げるために、孤児院にいる子供たちと協力をしながら、イザベラの監視のもとで日々脱走計画を企てます。

そのことがイザベラも気付き、さらにエマやノーマンを監視するために本部から派遣された補佐役クローネをサポートにつけます。

クローネはイザベラに対して、ママの座を奪いたいという思いもあり、二人の関係も見所の一つです。

子供たちは、監視の目がさらに強まったことにも屈せず困難な状況に陥っても決して諦めることなく、逃げ出すことを目標にみんなで協力をしながら日々努力をしていく姿勢を感じることができる物語です。

電子コミックで読むことをおすすめします。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

電子書籍サイト特集ページへ

約束のネバーランドの主要人物紹介

主要人物は、エマという女の子になります。彼女は抜群の運動神経に加えて、高い学習能力を持った才女です。強い正義感と相手を常に思いやる優しさを持っています。

年下の子供たちとの鬼ごっこでは、誰一人見捨てることができないほどの、愛情の持ち主であることから、男女問わず高い人気を誇っているのです。

次に、レイという男の子です。彼は、子供たちの中で唯一ノーマンと渡り合うことができる知恵と高い能力を持っています。

クールで言葉数は少ないですが、冷静沈着であり常に状況を冷静に判断する力を兼ね備えているのです。

群れることから避け、子供たちと適度な距離感を持ちミステリアスな部分も感じさせます。

この物語のキーマンであることは間違いありません。

そして、ノーマンも主要人物の一人です。彼は優れた技術力と冷静な判断力を持っているこの孤児院の中でダントツの天才と称されています。

エマ、レイと同様に日々行われるテストではフルスコアを記録し続けているのです。

常に笑顔であり、年下の子供たちに対して優しく頼れるリーダーシップを持っています。

「ママ」と呼ばれているイザベラは、この物語で重要な役割を担っています。

子供たちを愛し、この孤児院でエマ、レイ、ノーマンといったフルスコアの子供を3人も育て上げてきた高い実績を持っていることから、この世界のママの中で最高のレベルを誇る人物なのです。

常に試合に満ちた微笑みを浮かべていることから、三人の子供たちは次第にママに対して不信感を募らせるようになります。

そして、イザベラのサポート役として「クローネ」です。

彼女はイザベラのようなママになることを目標に、日々子供たちの世話にあたります。そして、このクローネも子供たちにとって重要な人物になるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました