約束のネバーランド66話ネタバレ・感想!標的にされたエマ!

漫画「銀魂」第662話ネタバレ・感想!絶望の先に見えてきたものとは…!?少年ジャンプ

本記事では漫画『約束のネバーランド』第66話のネタバレ・感想をご紹介していきます。
「奴ら」と「密猟者」の謎が少しづつ解明されつつありますね。
絶望的な状況だとオジサンは言っていましたが、乗り越えれるのでしょうか。
様々な伏線をどう回収していくかも見どころのポイントだと思います。
それでは早速、漫画『約束のネバーランド』第66話のネタバレ・感想をお届けしていき案すので、最後までしっかりとご覧ください。

漫画『約束のネバーランド』前回のあらすじをおさらい

 

ここ・・・ どこ・・・?
ゴールディ・ポンドを目指してエマはレイとオジサンの3人で歩いていたはずなのに、突然エマだけまったく知らない世界へ移動してしまいました。
目を覚ましたエマが目にしたものは、まったく見ず知らずの村。
一見、メルヘンチックな景色なのに、どこか不気味な様子です。
エマ(落ち着け・・・ 思い出すんだ 私あの時・・・捕まった? いったい何に?)
不安そうなエマは必至で、その一瞬で何があったか思い出そうとしています。
エマ(近くに鬼はいない・・・?  レイは オジサンは?どこ? 無事?!)
レイとオジサンを呼ぶも、だれの返事もありません。
と、そこでエマが見たものは、
「WELCOME」(ようこそ)
と書かれた門構え。
その村はどこもカラフルで絵本の中にいるようです。
エマ(人間が住んでいる・・・村? けどそんな場所・・・ それに静かすぎる)
人っ子ひとり見当たらない・・・
と不安になりそうなエマ。
遠くに見えるのはお屋敷のような建物・・・
エマ(何だろう・・・考えろ  村に畑に森にお屋敷  でもここ鬼の世界だよね?)
農園を脱走して以来、鬼の世界は得体のしれない不気味な森でした。
そんな中、突如メルヘンチックな絵本の世界に連れられて来てしまったエマ。
さらに気になるのはその環境です。
エマ(それにこの風・・・冬のなずなのにまるで春・・ 気も花も草も空気も昨日までの森と全然違う・・・)
エマ「そして私は無傷・・・・」
(とにかくレイ達を探さなきゃ!)
目が覚める前、エマにはいったい何が起きたのでしょうか( ゜Д゜;)!?
そのときです!
ハッ
人間?!子供!
エマ「待って!ねぇ お願い待って」
エマが見たものは、なんと人間の子どもが走って逃げていく後ろ姿です。
 
クソッ・・・!
オジサンとレイはエマがいなくなった森の中です。
レイはエマが突然何かにさらわれてしまった瞬間を思い返しています。
エマを助けようとしたそのとき、
レイはオジサンに首根っこをつかまれ止められていたのです。、
オジサン「追うな! お前まで連れ去られる 逃げるぞ!!」
レイ(チクショウ 警戒していたのに…!チクショウ チクショウ )
悔しがるレイ。
レイ「説明してもらおうか  アレは何だ?」
オジサンに「連れ去る」ってどういうことだ?エマは生きているのか?と問いただすレイ。
オジサン「静かにしろ! “奴ら”がまだ近くにいるかもしれないだろ」
そして続けるオジサン
オジサン「騒ぐな! あいつはまだ生きてる・・・ おそらくまだ始まっていない   しばらくは死なん・・・だが・・・」
「始まる?」と言ったオジサンに、レイがエマは鬼に捕まったのか?と聞きます。
レイ「“密猟者”?」
オジサン「あぁ・・・ 正確にはその一派  俺が引き寄せた  お前らを始末する手段として」
それを聞いたレイは、
まさか・・・
レイが思い出したのは、エマとオジサンの3人で出かけた初日に遭遇した野良鬼との闘いでした。
オジサン「初手 わざと多めに弾丸を撃った  追われたお前らも相当撃ったろ」
確かにレイは、たくさん弾丸を撃ちましたが、殺すことはできず何体も再生させたことを思い出しています。
オジサン「殺しちまやしたいも銃弾も仲間同士で食ってけしてくれたりもするが  あの再生傷だらけの群れ  見る知性鬼が見たら明らかに異常だ」
そう言うとオジサンは自分の仲間たちが捕まったときのことを話してくれました。
オジサン「俺と仲間は昔 “奴ら”にバレてつかまった 農園脱走から約半年後の話だ」
それを聞いたレイは、
「エマを取り返す」
と歯を食いしばって言います。
対してオジサンは絶対無理だから手を出すな、と反論。
レイ「てめぇ・・・策がハマって満足か・・・」
もともとエマを始末しようとしていたオジサンに、レイは恨むように言いました。
すると!
オジサン「悪かった」「今はもうお前らに害を与えるつもりはない  取り返せるならそうしてやりたい」
オジサン「せめてお前は無事にシェルターに連れ帰る お前の弟妹にももう手は出さん だから諦めろ  あいつはもう無理だ」
 
あの子どこに行った・・・?
走り去ってしまった子どもを探すエマは、ふと自分の手にある文字に気付きました。
エマ(! 何これ・・・?)
そこに書かれていたのは、
「USE YOUR PEN」(ペンを使え)
あのミネルヴァさんのペンを見ろ、ということでしょう。
そこに表示されたのは、
A08-63
オジサンが言うには、ここが「ゴールディ・ポンド」のようです。
そこでエマが見たものは、ある看板でした。
「音楽」「怪物」「生き残れ」?
いったいなんだこれは?と思ったそのとき、
突然音楽が鳴り始めました。
すると!
「怪物が来る」
なんと唐突に姿を見せたのはさっきの少年です(゚Д゚)
少年「早く隠れた方がいいよ」
そして、レイにはオジサンが説明しています。
オジサン「音楽が鳴って“奴ら”が現れる 放し飼いにしている食用時を 金持ちの人食いが狩りに来る」
昔のように狩りたい 食べたい新鮮な人間を
なんと、ゴールディ・ポンドと呼ばれている場所は、
鬼たちが人間との「約束」を交わす前に行われていた、“人間狩り”が行える
「秘密の狩場」
だったのです!!

漫画『約束のネバーランド』第66話 ネタバレ

 

派手な仮面の鬼が何人かで今日はどんな奴を狙うか話し合っている
その中で一番やばそうなレウウィス大公が狙うのは殺す気でかかってくる強い人間
エマが子供にここも農園なのと聞くと
やっぱりあんた他の子と違う、奴らの事も農園の事も知ってると言う
ここはバイヨン卿という一貴族の庭
他の子達は農園から何かの特権で食った分だけ生きたまま月一で補充されるらしく
怪物の事は何も知らない、幸せな場所に行けると思ったら神隠しにあって何故か追われてるという認識らしい
子供がここも危ない早く隠れよう、あんたに会わせたい人がいるというが悲鳴を聞いてエマはそっちに駆け出してしまう
そこでは優しい先生達の下へ帰りたがってる子供達が鬼に襲われていた
鬼の一人が10秒あげるから3人の内誰が追われるのか選ぶといいあとの二人は逃げていいよと言う
それを影で聞いて三匹とも殺すつもりだろうにくだらん遊びをと思うレウウィス
こんな狩りはつまらんお互い命をかけるから面白いのだそれが今は――と残念がる
そこに駆けつけ斧を投げつけその隙に子供達と逃げるエマ
なんて場所に捕まってしまったのか…でもこれはチャンス
ここは何かがある場所、見つけなきゃオジサンの為にも必ず見つけてここを出ると決意するエマ
目を狙ったエマを見て殺す気で来た、素晴らしい
こんな気持ちになったのは彼ら以来かとオジサンとその仲間を思い出し
エマを標的に決めたレウウィス
猟場の死神は、嗤う――
約束のネバーランド 66話”禁じられた遊び?
さて皆さん、今日は何狙いで?
脂肪多め筋肉少なめ、それか色白栗毛の14~15歳
ボクはまず雑魚を蹂躙したい、楽しく枯れれば何でもいいよ
レウウィス大公あなたはいかがです?
私かね?私の獲物は常に変わらんよ
殺す気でかかってくる強い人間
ただ最近はめっきりご無沙汰だねぇ
<秘密の猟場で幕上げる死の狂宴…>
「秘密の…猟場」…?
(どういうこと…?)
おしえて、ここも”農園”なの?ひょっとして”密漁者”って…
やっぱりあんた他の子と違う、知ってる…”奴ら”のことも、”農園”のことも
ここは”農園”じゃない、バイヨン卿って一お貴族様の私設の”庭”
オレ達もあんたも他の子達も狩られるためにここで生かされてんの
(…あれ?でも…「”鬼”は人間を狩らない」その約束を守り…)
農園には秘密、秘密の遊び場
「他の子達」って…?
フツーの新入りだよ、食った分だけ月一で補充してる
どこから?
農園だよ、ほとんどが何の特権か特例で生きたまま入荷してる
「他の子は知らない」って…?
知らないんだよ、何も、怪物のことも
幸せな”施設”で生まれて育って幸せな場所に行けると思ったら神隠しに遭ってなぜか今怪物に追われている。
大概の認識はそんなトコだろ
……っ!
それよりここも危ない、早く隠れようよ
あんたに会わせたい人がいる
ギャアアアア!
ダッ!
<悲鳴に向けて走り出す>
オイ!
<怪物に囲まれる子供たち>
アハハ
見ぃつけた
(化物…!)
(なんだこいつなんなんだ、なんでこんな怪物が普通にいるんだよ…!
信じない、こんなの現実じゃない、信じられるわけがない
「おめでとう」「元気でね」「ありがとう」「みんな…”先生”!」
帰りたい…みんなの元へ…優しい”先生”達の元へ
嫌だ怖い死にたくない、助けて兄ちゃん…!
助けなきゃ…助けなきゃ…でも無理だ怖い!助けられない!
ごめん許して…!二人共…!
10秒あげるよ
え…
三人の中から一人選ぶんだ、ボクに追われ狩られるのは誰なのか。
決まったら後の二人は逃げていいよ
え……?
ケガをした君?
それともボクの従者にケガさせた君?
それとも、仲間を置き去りにして一人隠れているそこの君?
10、9、8
(くだらん遊びを…若いな。どうせ三匹とも狩り殺すつもりだろうに
狩るなら猛虎、怯える兎を狩って何が楽しいのか
つまらん
どいつもこいつも手応えの無い何の張り合いも感じない
こいつも…)
去っていいぞ
うわぁああっ!
5、4
(昔は良かった昔は…
生きるか死ぬかの騙し合い、スリル、血沸き肉躍るあの感覚
そう、狩りは互いに命を懸けるから面白いのだ
それが今はどうだ…今は…)
3,2
逃げて!
<斧を投げて注意を引く>
(いない…)
(ここが…これがA08-63ゴールディ・ポンド!
鬼たちの秘密の狩猟場だったなんて…!)
(恐らくオジサンが恐れた”密漁者”はここで狩りを楽しむあの鬼達…獣みたいな野良鬼とは違う、言葉も解る、頭もいい。人型でお面かぶってて文化も文明も持ってる。農園で大人を支配していたあの鬼達みたいな…知性鬼!
きっとオジサンの仲間はここで全滅させられたんだ
なんて場所に捕まってしまったのか
でもこれはチャンス…
ここは私が目指していた場所…ミネルヴァさんの”何か”がある場所。
見つけなきゃオジサンのためにも
必ず見つけてここを出る!)
クソッ…
このボクに…あいつ…あの野郎…ッ!
(目を狙った…つまり知っている我々のどこを狙えば殺せるか、あの状況に斧一本怯むことなくとび込んできた。殺す気で。
素晴らしい、久々に楽しめるかもしれない
こんな気持ちは彼ら以来か)
(まずはレイと連絡を…)
逃がさない、君は私の標的だよ
<猟場の死神は、嗤う…>

第66話の感想

レウウィス大公が言った「逃がさない。君は私の標的だよ」はどんな意味でしょうか。
1対1の追いかけっこを目指す?鬼を呼びつけて一気に畳みかける?
どのような展開になるのか楽しみです。
関連記事:約束のネバーランド最新刊6巻無料で電子書籍アプリで読む方法
 

漫画「約束のネバーランド」第66話読者の感想は?

 

漫画『約束のネバーランド』最新刊を今すぐ無料で読める方法を限定公開!

約束のネバーランド ネタバレ 51話

  • 漫画『約束のネバーランド』最新刊の内容が気になる!
  • 漫画『約束のネバーランド』第1巻から読みたいから漫画喫茶行こうかな?
  • 漫画『約束のネバーランド』を今すぐ読み直したい!

そんな、今回ご紹介させて頂くおススメな方法は、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』になります。
映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。
若者の間では、電子書籍サービス利用者が急増中という事もあり、知っている方もいるかもしれませんね。
そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施していて、これが絶賛お勧めな最大な理由です。
私も無料トライアル期間という事で登録してみました!
そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。
また、読める漫画の種類も大変豊富で、品揃いには定評があります。
何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。
U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから。
ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。
花園メリーゴーランド ネタバレ最終回
 

まとめ

漫画「銀魂」第662話ネタバレ・感想!絶望の先に見えてきたものとは…!?
出典:https://www.shonenjump.com/j/weeklyshonenjump/
いきなり冒頭でボス級の鬼レウウィス大公がでてきましたね。
66話で悲鳴を聞きつけ駆けつけてきたところがエマらしいと感じましたね。
エマは下級の知性鬼と戦ってきていたから戦闘もスムーズに入れている気がしますね。
成長したね。
レウウィス大公との追いかけっこが気になる展開ですね。
それでは、漫画『約束のネバーランド』第66話のネタバレ・感想を最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました