復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双するの評判※電子書籍で読める

スポンサーリンク

復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双するの評判・評価、口コミ

「復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する」は原作が斧名田マニマニ氏・漫画が坂本あきら氏のコミックで、電子書籍でコンテンツを楽しむことができます。

理不尽な扱いで破滅して転落する結果になった主人公。

本来は国に功績を残した逸材として、正当に評価されてそれ相応の待遇を受けるべきでしたが理不尽な扱いを受けることで復讐の鬼と化し、かつては自分の見方だった陣営の御仁に対して徹底的な復讐をするという復讐譚となっています。

復讐譚の名作といえば、フランスはデュマによる長編小説の「モンテクリスト伯」を想定する方も多いかもしれません。

悲惨な境遇で辛酸をなめた主人公が、裏切り者たちに次々に復讐を遂げる有様に、胸のすくような思いを体感できるのは、やはりプロットに類似している部分があるからかもしれません。

しかし「復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する」の現在的テイストを味わうことになるのは、一種の転生モノということにあります。

主人公はある日、何らかの理由で急逝し異世界に転生して新たな物語をつむぎ出す、これが転生モノの基本的プロットです。

本作品でユニークなのは、異世界で勇者として活躍した主人公が、再び同じ世界観の舞台に返り咲くということにあります。

転生前は勇者であったのが、恨みのあまり「闇落ち」、一転してダークヒーローになることで圧倒的な力を得たと言うのも読者を引き込むポイントになっているようです。

読者は主人公ラウルの無念のエピソードを、冒頭で共通体験するので主人公目線で復讐劇を堪能することができます。

読者の口コミの評判では、勧善懲悪が分かりやすいプロットと、キャラクターをより魅力的に見せる作画の両輪がそろっているので人気を集めているようです。

是非、この復讐譚をいつでもスマホなどで手軽に読める電子書籍で読んでみてください。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双するのあらすじ

電子コミック「復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する」のあらすじを御紹介します。

主人公ラウルは、勇者としてクルツ王国に仇なす魔王の退治に見事成功することから、エピソードはスタートします。

亡国の危機に直面していた王国へ凄惨な戦争を仕掛けた魔王を、懲罰して国土の安全を図った意向、破格の待遇を受けて当然です。

ところが勇者は王女エミールからの、求婚の希望に対し畏れ多いと首を縦に振らなかったことから不興をかい、国家転覆を企てた国賊として処刑されることに。

魔王を倒したあとは最強の勇者が、今度は自ら覇権を打ち立てる危険があるので処刑すると言う訳です。

十字架に縛り付けられて、串刺しの刑で処刑される主人公。

王女が処刑の様子を見守る中で、体中を串刺しにされながら、「絶望を与え、すべてを奪い、地獄のような苦しみのなかで殺す」と罠にはめた王女と知れに追随する帰属への復讐を誓いながら絶命しました。

死後の世界でラウルは、女神とあいまみえることになりました。

「いとしい人、ラウル」そんな愛の言葉を掛ける女神に、「俺を愛しているなら生き返らせて、あいつらを皆殺しにさせろ」という希望を言葉にし、その希望を受け入れた女神のおかげで再び、このよの転生することになりました。

ラウル処刑後のラウル王国では、王女エミールの婚姻準備が振興し、いよいよ結婚式の日を迎えました。

結婚相手は、名門の子息オークレール公爵。

外見こそ美男ですが、とんでもないほどのマザコンで、今回の王女との結婚も母親のすすめにしたがったというものです。

エミール王女も実は結婚相手のマザコンぶりは了解しているところで、心底嫌ってはいるものの見た目のよさから、王子をさずかれば自ら親政をしき王国の実験を握ろうと決心しています。

そしていよいよ婚儀の儀式が始まると言う瞬間に、転生したラウルが襲撃を加えてきます。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双するの主要人物紹介

主人公ラウルは、瞳に強靭な意志と誠実さを感じさせます。

もちろんクルツ王国の国難を救うために抜擢された人材だけあって、戦闘の場面に置いても圧倒的な強さを発揮します。

王国への忠義の念に一転の曇りもありませんが、自分の心に正直に行動しすぎるきらいがあり、王女の求婚もそのまま受け入れていればいいモノを、すげなく拒否することで身の破滅を招きました。

正義を体言するほどの存在だった、彼だけに闇落ちして転生すると強烈な復讐の念だけが行動原理となる、ダークヒーローと化してしまいます。

復讐の念にとらわれたラウルは、徹底的に凄惨で皆殺し戦略で王国に味方するすべてを、阿藤的な武力で粉砕します。

主人公ラウルを破滅させたのが、王女のエミール。

その美しさから誰もが魅了されるほどですが、王女様にありがちの残酷でわがままな性格です。

国難を救ってくれたラウルに死罪を宣告したのも、その動機は、彼女の求婚をそれとなく勇者から断られたからでした。

プライドを傷つけられた彼女は激高し、衆人環視のなかで貼り付けの刑で、ラウルを死に追いやったわけです。

ラウルを死に追いやりながらも、心の底では彼に惹かれていましたが、王子を通じて王国の実権を把握し自分に都合が良いように政治のかじをとろうと野心を抱きます。

男としての魅力を感じない公爵との結婚を承諾したのも、彼女なりの打算があったわけです。

ラウルの復讐劇が開始したため、これを懲罰するために、王国最強の剣豪・エルンスト・ブラウン将軍。

剣裁きは王国随一の腕を誇る彼、実は敵を剣戟で殺害すること自体に快楽を感じると言う狂気を抱えています。

そんな彼がラウルに立ちはだかることになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました