七つの大罪200話ネタバレ・考察!ディアンヌはドロールの姿に?!

七つの大罪 ネタバレ考察 200話七つの大罪

本記事では、漫画『七つの大罪』200話のネタバレ・考察をご紹介していきます。
前回199話では〈十戒〉よって鉱樹オルドーラへと誘われたキングとディアンヌの闘いが描かれました。
〈十戒〉グロキシニアとドロールはあまりにも強敵。
キングとディアンヌはそれぞれに苦戦してボロボロに……もうハラハラでしたね!
しかし急展開。
〈十戒〉は二人に癒やしを与え、「修行」を言い渡すのでした。
どういうことなのでしょう?
「修行」させるということは、グロキシニアとドロールはキングとディアンヌに強くなってほしいのでしょうか?
〈十戒〉の二人の真意は『七つの大罪』第200話で知ることができそうですね。
まずは前回199話のあらすじをおさらいして、続いて『七つの大罪』第200話のネタバレ・考察を紹介していきます!

スポンサーリンク

漫画『七つの大罪』前回のあらすじのおさらい

〈十戒〉グロキシニアとドロールによって鉱樹オルドーラに連れてこられたキングとディアンヌ。
キングたち二人は全力でグロキシニアとドロールに突進します。
しかし、グロキシニアとキングの実力差は圧倒的です。
繰り出した真・霊槍シャスティフォル第二形態「守護獣」も有効打とはならず、グロキシニアの反撃にキングは背を切り裂かれてしまいました。
一方、ディアンヌもドロールとの間には実力差がありすぎて、フルパワーをぶつけてもドロールは微動だにしません。
返す攻撃を手ひどく食らったディアンヌもその場に倒れてしまいます。
「殺すなら…さっさと…殺せ…」
倒れ伏したまま絞り出すキングに二人の〈十戒〉が告げます。
「今から汝らに修行を与え」
「私らを超えてもらうッス…!!!」
苦闘から一転して告げられる「修行」。
〈十戒〉グロキシニアとドロールの思惑とは……?

漫画『七つの大罪』200話のネタバレ・考察

動けないキングとディアンヌ。
二人に対し、グロキシニアは、霊槍バスキアス・第七形態 「月の華(ムーン・ローズ)」”生命の雫”を発します。
霊槍バスキアスの癒しの力を使い満身創痍のキングとディアンヌを治療したのです。
完治した2人は、グロキシニアとドロールを警戒し、すぐに距離をとり、武器を構えます。
「一体なんのつもりだ」と問うキング。
グロキシニアが答えます。
「これから私らがキミたち2人を鍛え直してやる」、そう言ったんス」。
「オ…オイラ達を鍛えるだと!? どういう意味だ!!」
「言葉の通りだ。今のままのお前達はあまりに脆弱」
続いたキングの問いに答えたのはドロールでした。
答えは的確に返ってきます。
しかし相手は〈十戒〉、気を許す訳にはいきません。
「い…いや、全く理解できない!! 確かにオイラ達はあなた達に及ばない…でも、それ以前にあなた達は〈十戒〉…オイラ達の敵だ!!」
「だが、我らは魔神族にあらず…」
キングの疑心を受けてドロールが語りはじめます。
「かつて我々は巨人の王、妖精王として共闘した…〈十戒〉を…魔神の王をいつの日か打ち滅ぼさんと夢見て」
「しかし我らは戦いの最中、それぞれにある選択を迫られ、選んだ末、今に行きついた…」
「我らは悩んだあげく正しい選択をした…先日メリオダスと再び拳を交わしたあの時までそう固く信じていた…」
三千年前の大戦でいったい何があったのでしょう。
グロキシニアが言います。
「君たちにぜひ証明してほしい…アタシらの選択が正しかったか否かを…」
グロキシニアとドロールが呪文を唱えると、まばゆい光がキングとディアンヌを包み込みました。
二人は過去へと……!
ディアンヌとはぐれたキングはその姿を探します。
それよりも、自分の姿が変わっていることに気づき、キングは慌てます。
赤く長い髪に、背には羽根。
水辺に走り、水面に映る姿を確かめると、それはグロキシニアの姿でした。
一方、ディアンヌはドロールの姿になっています。
景色には見覚えがありません。
どうしたことでしょうか。
何も把握できないうちに何やら気配を感じます。
「この禍々しい魔力… 魔神族に違いない!! それも〈十戒〉レベルの…」
上空から何者かが飛来します。
驚愕するキングとディアンヌ。
「そ…んな、ま…さか」
「メリオダス!!!!?」
飛来するのはメリオダスだけではありません。
エリザベスが現れ、メリオダスは「これで4人そろった」と言います。
しかしエリザベスの姿は……。
「その背中についてる…ものって…」
「ありえない、妖精族の羽とも違う…」
エリザベスの姿に動揺するキングとディアンヌに、メリオダスはあっさりと言うのです。
「お前ら~今さら何言ってんだ当たり前だろ? 女神族なんだからよ」
キングとディアンヌは別の身に魂を宿して、別の時代を目にしているのでした。
二人はこれから過去を知ることになるのです……!
 

200話の感想

グロキシニアとドロールの姿になったキングとディアンヌ。
グロキシニアとドロールの身体に入った、と言う方が的確なのでしょうか。
グロキシニアの身体に入ったキングは自分のスピードに驚いていました。
これから二人はグロキシニアとドロールの身体を通して三千年前に行われたという魔神族との戦いを経験して、強くなっていくのでしょう。
彼らがどのように戦っていくのかが気になりますね!

漫画『七つの大罪』200話 読者の感想をチェック!

 

 

 

 

 

 

 

漫画『七つの大罪』最新刊を今すぐ無料で読める方法を限定公開!

七つの大罪 ネタバレ 245話

  • 漫画『七つの大罪』最新刊の内容が気になる!
  • 漫画『七つの大罪』第1巻から読みたいから漫画喫茶行こうかな?
  • 漫画『七つの大罪』を今すぐ読み直したい!

そんな、今回ご紹介させて頂くおススメな方法は、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』になります。
映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。
そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施していて、これが絶賛お勧めな最大な理由です。
私も無料トライアル期間という事で登録してみました!
そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。
また、読める漫画の種類も大変豊富で、品揃いには定評があります。
何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。
U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから。
ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。
 
花園メリーゴーランド ネタバレ最終回
 

まとめ

七つの大罪 ネタバレ考察 200話
出典:http://www.pictame.com/media/1686760899975996173_6844124287
漫画『七つの大罪』200話のネタバレ・考察をご紹介しました。
前回は圧倒的な力の前になす術もなかったキングとディアンヌがどうなってしまうのかハラハラしました。
今回は助かったかと思うと、別の時代に飛ばされて別の身体に入ってしまい、今度も別の意味でハラハラしますね。
過去の追体験と修行が同時進行です。
シナリオと展開の妙に感心しながら次回に期待です!
おしまいまでお付き合いくださいましてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました