アオアシ最新132話ネタバレ・感想!福田監督の怒りの真相は?!

アオアシ 最新132話 ネタバレアオアシ

本記事では、ビックコミックスピリッツ掲載の漫画『アオアシ』最新132話のネタバレ・感想をご紹介していきます。
試合についていくことができず阿久津センパイに交代しろと言われてしまった葦人。
過去の自分を思い返し自分の弱さを自覚することで成長を見せてくれました。
しかし、葦人は、柏大に”穴”として扱われていおり、阿久津センパイは、そんなアシトを素晴らしい動きでフォローをします。
ところが、福田監督は阿久津センパイを呼びつけ、「ガキがサッカーやってんのか?」と、叱責する。
福田監督の阿久津センパイに向けた怒りの理由はいったい?
そこで今回は、ビックコミックスピリッツ掲載の漫画『アオアシ』最新132話のネタバレ・感想をご紹介していきます。
関連記事:アオアシ最新刊12巻無料で電子書籍アプリで読む方法!

漫画『アオアシ』前回のあらすじのおさらい

試合の展開にまったくついていけない葦人。
そんな葦人に痺れを切らした阿久津センパイに交代しろとどやされてしまう。
このまま後退してしまうのかと心配された葦人でしたが、過去の自分を思い返し気づきます。
視野の広さから先の先の更の先を読むような鋭い感覚が、必要になってくると・・・。
過去の自分の失態から活路を見出した葦人は、阿久津センパイにいいます。
「俺は、あん時とは違います。」
そして、まずは自分の弱さから目を背けずにしっかりと自覚すること。
大切なのは・・・”だからどうするか!”
考える事もなく終わってしまった過去とは違うのだと自分を奮い立たせるのでした。
とはいえ、葦人のあけてしまった穴は大きく、それを埋めるべく活躍していたのは紛れもなく阿久津センパイでした。
しかし、そんな試合に怒りの声を上げたのは福田監督でした。
「ナメてるのか。ガキが、サッカーやってるのか?」
前回の話はここまででした。

漫画『アオアシ』最新132話 ネタバレ・感想

 

福田監督の怒りの真相

前回からずっと気になっていた福田監督のいきなりの激怒、その相手は阿久津センパイでした。
「青井にコーチングすれば楽に防げる場面まで、なんで自ら出向くんだ。」
「俺がいつそんなサッカーを教えた!?」
阿久津センパイは、ブレずに「オレが全部カバーしたほうがマシ」と返します。
しかし、そこは福田監督、よく阿久津センパイを理解していますよね。
阿久津センパイの耳もとで福田監督が囁いたセリフにガン刺さりでしたね。
「嘘つけよお前。本当にそう思ってるなら、実力不足を痛感させるためにどんどん使うのがお前流だろ。違うか?」
あまりにも図星過ぎて表情を変える阿久津センパイ。
「今の青井なら、お前の要求に応えられるかも。そこまでわかってるから指示しないんじゃないのか?」
そんな2人のやり取りをじっと見ていた葦人は、改めて福田監督の怖さを実感するのでした。
 

冷静になった阿久津センパイ

試合開始、後半25分。
1-0でエスペリオンリード。
相変わらずアシトのサイドが狙われ、紙一重で防いでいる感じ・・・。
早急に対応しないと厳しいか。
福田監督に怒られ見透かされてしまった阿久津センパイ。
阿久津センパイは、福田監督の指示に従い葦人にコーチングを開始します。
葦人は、自分が対応できていないのは自分の実力不足のせいであり、阿久津がコーチングしないからだとは思っていなかった。
”まずはゲームスピードに慣れなきゃ・・・”
葦人が、そう思った時でした。
”動くな。”
阿久津センパイによる葦人への指示。
「そこで待て。」
ボールを持った柏大の選手がアシトのすぐ近くまで来ています。
阿久津センパイがアシトにコーチングします。
背中をゴールに向けすぎ。
タッチラインに背を向けて、半身で中を向いて待ち構えろ。
葦人の感覚では、今の場所で待つなどとんでもないことでした。
ここにいたら、サイドへのパスコースは断てるけど、中にパス出し放題になってしまう。
”背中をゴールに向けるな”というのもセオリーから外れる。
守備のセオリーは敵と味方ゴールとを結ぶ線上に自分を置くイメージ。
”自分のゴールに背を向ける”そのことでどこから敵が攻めてきても固く守れる。
そう、望さんも言っていた・・・。
明らかに敵が中に集まっている今の状態で、ここに留まるということはありえない。
絞りに行くべき!とアシトが足を踏み出したその瞬間!アシトの俯瞰能力が役に立ちます。
自分以外の味方の3人の位置を感じ、そして足を止めた!
そのかいあってか、見事にディフェンスからカウンター攻撃へと繋がります。
福田監督の声が栗林にも聞こえていたのか、阿久津センパイのコーチングと葦人のプレーに感心していました。
「防いだ。理想的な形だな阿久津・・・」
ドリブルで上がろうとする柏大の選手だったが、葦人の前で躊躇する。
エスペリオンの守備の配置を嫌がったのです。
再び阿久津センパイの指示がきます。
詰めろ!!中に追い込め!
葦人が、指示通りにボールに向かいます。
ボールを持った柏大の選手が横に動き、そこに阿久津センパイが当たって、ボール奪取!
一転して数的有利になったエスペリオン。
カウンター!!
阿久津は後ろから走って来た高林にパスをし、高林がそのままシュート!!
しかし相手キーパーのビッグセーブ!シュートは惜しくも決まらず。
葦人は驚いていました。
さっきの感覚は未体験のもの” 形 ”。
一瞬動きそうになったのに、すんでのところで阿久津の言う通り、あそこで中を向いて待った方がいいと感じた。
いつもと全く違う守備なのに。
なぜ・・・?
そして、その直後の”中に追い込め”の指示。
葦人はまだ、阿久津センパイの指示の全部は理解できないでいました。
阿久津センパイと葦人の様子をずっと見ている栗林センパイ。
「いいぞ阿久津。お前が教えてやるんだ。」
漫画『アオアシ』132話は、ここまでです。
関連記事:アオアシ最新133話ネタバレ・感想!背番号10の栗林の実力が明らかに?!

132話の感想

福田監督の怒りの真相は、やはり阿久津センパイが”葦人にコーチング”していないことでしたね。
自分が動いた方が早いとムキになる気持ちもわからなくはありませんが、サッカーはチームプレイ。
一人に負担が掛かってしまえば、それだけチームの”穴”は広がってしまいますからね。
しかし福田監督、今まであまりすごい監督という表現は少なかったと感じていましたが、よく人を見ていると言うか阿久津センパイの性格を理解してのコントロールは流石です。
阿久津センパイも痛いところを疲れてしまったと言う感じではありましたが、その後からの葦人への”コーチング”はこれまた流石と言ったところでしたね。
阿久津センパイの”コーチング”により葦人もまた、成長も見せてくれました。
とはいえ後半25分。
まだまだ葦人の成長が期待できる残り時間なわけですから、期待してもいいですよね!
 

漫画『アオアシ』最新132話は面白い?最近の読者の感想は?

 

漫画『アオアシ』最新刊を今すぐ無料で読める方法を限定公開!

アオアシ ネタバレ 最新 131

  • 漫画『アオアシ』最新刊の内容が気になる!
  • 漫画『アオアシ』第1巻から読みたいから漫画喫茶行こうかな?
  • 漫画『アオアシ』を今すぐ読み直したい!

そんな、今回ご紹介させて頂くおススメな方法は、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』になります。
映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。
そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施していて、これが絶賛お勧めな最大な理由です。
私も無料トライアル期間という事で登録してみました!
そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。
何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。
U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから。
ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。
花園メリーゴーランド ネタバレ最終回
 

まとめ

今回は、ビックコミックスピリッツ掲載の漫画『アオアシ』最新132話のネタバレ・感想をご紹介してきましたがいかがでしたか?
今まで、葦人に辛く当たるばかりだった阿久津センパイの指示で葦人が成長していくのを見ていると、なんだか感慨深いものがありますよね。
阿久津センパイは、葦人を認めていないわけではなかったと言うのもなんかジーンときてしまいます。
そういえば、試合前に福田監督が感じた葦人への期待は、二人の関係性を含めたものだったのかな?と、今になって思ってしまいました(笑)
さて、後半25分は始まったばかりです。
残りの時間で、葦人が更なる成長が期待できそうですし面白くなってきましたね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました