【銀魂】最新681話ネタバレ・感想!高杉の回想シーンから明らかになる事とは?!

銀魂 ネタバレ 最新 681少年ジャンプ

本記事では、5月21日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『銀魂』最新681話のネタバレ・考察をご紹介します!
前回680話では、衝撃のラストに鳥肌が立ちましたね!
虚との旅…ではなく、中にいたのは松陽先生?
手を貸す=虚を消す意味だと考察する声が多く聞かれましたが…
今回681話では、その真相が明らかになるのでしょうか?!
それでは、5月21日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『銀魂』最新681話のネタバレ・考察をご紹介いたしますので、最後までご覧ください!
関連記事:【銀魂】最新刊73巻発売日は?最新刊をスマホで読める裏技も

スポンサーリンク

漫画『銀魂』前回のあらすじのおさらい

 

虚を探す旅

「虚は生きている」
2年前の戦いでそのことを確信した銀さんは、ひとりで万事屋を離れて、虚を探す旅に出ていました。
地面にあるたくさんの龍穴を渡り歩いていく銀時。
あの巫女ですら、「地表にある全ての龍穴の場所は知らない」と言っていましたから、なかなかの苦労を要します。
龍穴を渡り歩き、旅を続けていた銀時は、ある龍穴で奇妙な現象が起きていたことを知ったのです。
「ある日“不思議なもの”が流れてきて、ソレが人間の赤ん坊の姿になった」という奇妙な出来事でした。
はじめ、その赤ん坊を消してしまおうと預かった銀時でしたが、何故か消すことを諦め一緒に旅を続けることにします。
その赤ん坊は驚くべきスピードで成長を遂げ、あっという間に少年と言えるほどの大きさになっていました。
少年へと成長した虚を引き連れて歩く銀さんは、その様子にかつての自分を重ねているようです。
「師である松陽も、こんな気持ちだったのか…」と考えているその時、少年が初めて話します。
その内容とは…?!
 

前回の感想

誰が何と言おうと、前回一番の衝撃は、ラストのコマですよね!
少年が見せた笑顔と、あのセリフ…!
どう考えても、松陽先生であることは間違いありません。
髪の長さ・外見の年齢は違えど、あのくせ毛をとってみても松陽先生であることは明らかですよね。
虚戦の決着の回では、松陽先生の人格が消えていないのでは、と思わせるようなコマもありましたし…。
しかし、まさか虚の方ではなく、松陽先生が転生してくるというのは予想していなかった方も多いのではないでしょうか。
回想では少年の外見をしていますが、現在はこの少年の外見をしている松陽先生はなく、その「心臓」だけが存在しているんですよね。
このことを深読みしていくのがラストのシーン「手を貸してもらえるかい銀時」という少年のセリフですよね!
松陽先生の人格が転生していると考えると、つまり『虚を消すのに、手を貸してくれないか』と言ってると考えられます。
現に、心臓だけになっている…というのは、そういう可能性が高いですよね…。
でも、もしこの考察通りの展開が待っているのであれば、銀時はまた松陽先生を殺すことになるんですよね…。

漫画『銀魂』最新681話 ネタバレ・考察

 

高杉の回想

高杉の過去の回想から始まります。
崩れていく船の中を歩いている高杉は「悪いな、どうやらお前の骨、松下村塾の土には還してやれそうにねぇや。くたばる前にもう1つやらなきゃいけねぇ事がある。」
と、朧の骨が入っている袋に話しかけています。
高杉が向かっているのは、不死となった天導衆が保管されているらしい部屋なのですが、そこでカプセル内の天導衆を斬りつける高杉。
 

不死の血の力

「まだ…そんな目を天導衆に向けるものがあったか」という天導衆の男ですが、その姿は上半身だけです。
それでも生きている不死の血のパワーに圧倒されます。
「死に方が解らねぇなら教えてやる。俺がくたばる時はてめぇらも全員一緒だ」
最後の力をどうにか出し、天導衆を殺しに来ている高杉は、天導衆のその男に最後の一撃を与えようとしたのですが…
「それは酷な話だ。彼らはただの駒に過ぎない。君たち師弟をこんな運命に巻き込んだのは虚(私)じゃないか。」と話す天導衆の男の顔が徐々に虚の顔へと変化し…。
「殺すなら私を殺すといい。
だが、既に私の因子はその血と共に国中にバラまかれている。
もうじき死にゆく君にその全てを摘み取る事ができるかな。
これが君たちの選んだ道だ、苦しみは終わらない。
人間(きみたち)はまた誤ちを犯してしまったんだ。
解らないのか君たちの敵はもう私じゃない。人間(きみたち)だ」
と話す虚と、そして解放軍?と思われる天人によって刺される高杉。
 

そして現在

紫雀(ハタ皇子の兄)とヅラが喜々の墓参りを訪れているシーンです。
江戸の復旧に手を貸していたと思われる紫雀と、話しはアルタナを狙った大規模テロにうつります。
アルタナの門を狙った大規模なテロが行われること、テロのたび大量のアルタナが盗まれていること、犯人は「天元教」という宗教団体で、現地住民が徒党を組んでテロを起こし皆自害していること。
そして、アルタナを集めている天元教の信者が崇める神こそ、虚である、ということ。
 

再び回想シーン

虚の不死の血を持ち帰ろうとしていた解放軍によって刺された高杉。
飛びそうな意識の中で、天導衆(不死の血)が運び出されるのを見ています。
「虚の力は残しちゃならねぇ。不死の血は人の手に負えるものじゃねぇ。
まだくり返すつもりか…まだ先生を苦しめるつもりか…俺は先生をまた救えないのか…
動け…動け…頼むあと少しだけ俺に時間を…俺は…まだ、くたばるワケには…」
と、懐から落ちた朧の亡骸をみた高杉は、何か思いついた様子です。
「一か八かだ、力を貸せ兄弟子…俺達の師のために」と、朧の亡骸ごと自らを貫いて、朧を吸収している高杉。
関連記事:【銀魂】最新682話ネタバレ・感想!最終回までカウントダウン開始?!

漫画『銀魂』最新681話が面白過ぎる!最近の読者の感想・評判は?

 

漫画『銀魂』最新刊を今すぐ無料で読める方法を限定公開!

銀魂 ネタバレ 最新 678

  • 漫画『銀魂』最新刊の内容が気になる!
  • 漫画『銀魂』第1巻から読みたいから漫画喫茶行こうかな?
  • 漫画『銀魂』を今すぐ読み直したい!

そんな、今回ご紹介させて頂くおススメな方法は、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』になります。
映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。
そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施していて、これが絶賛お勧めな最大な理由です。
私も無料トライアル期間という事で登録してみました!
そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。
何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。
U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから。
ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。
花園メリーゴーランド ネタバレ最終回
 

まとめ

ここまで5月21日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『銀魂』最新681話のネタバレ・考察をご紹介いたしましたが、いかがでしたか?
今回681話では、高杉の過去の回想が何よりも印象的でした…
前回の銀さんに続き、シビアすぎる展開、ラストのコマ。
辛い回が続いているので、読者も読み進めるのに勇気がいりますね。
それでも気になる次号!
それでは、最後まで5月21日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『銀魂』最新681話のネタバレ・考察をご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました