外科医エリーゼの評判・あらすじ!読むなら電子書籍

外科医エリーゼの評判・評価、口コミ

電子書籍を初めて読む方にはとてもおすすめです。

紙媒体のものとは違い、いつでもどこでも読むことが出来ます。

とても絵がきれいで、もちろんカラーですしストーリーの内容もファンタジーの少女漫画で、読んだ人の評価が高くストーリーが面白いと口コミなどで評判の漫画です。

紙媒体のものはなく、電子書籍のみとなっています。

転生しましたという内容の漫画は他にたくさんありますが、転生前の主人公葵が現代のその記憶を持ったままエリーゼに転生しているので、読んでいて内容がすっと頭にイメージしやすくどんどん先が気になるようになってきます。

主人公以外の登場人物も多すぎず少なすぎず、関係性が明確で記憶しやすく絵もそれぞれ特徴があり覚えやすいです。

本来のエリーゼは嫉妬と欲に目がくらみ、悪行に明け暮れるような皇后で処刑されますが葵が処刑前にエリーゼの記憶を持ったまま転生したことで、葵の人生でできなかった事をエリーゼでやり遂げていく様はとてもカッコよく、皇太子殿下の心変わりしてく様も見ものです。

皇太子殿下がエリーゼに優しくなっていくのが見どころで、かっこいいのではまること間違いないです。

今は待てば無料で読めるアプリもあるので、最初の4話ぐらいは連続で読むことができ、そのあとは一日一話ずつ読むことが出来るので、ほとんど無料で読み進めていくことが出来ます。

課金をすれば一気に読むことも出来ます。購入したほうが後からも読み返せるのでお試しでアプリで読んでみて、気に入ったら購入するということも可能です。

ストーリーはまだ完結していないので、これからどんな展開があるのは丁度内容も盛り上がっているところなので、電子書籍をまだ試していなく、少女漫画がお好きな方にこれを機会に読んでみましょう。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

外科医エリーゼのあらすじ

あらすじですが、前世で過ちを犯し処刑された記憶を持ったまま、過去の過ちを清算しようと必死で努力し最年少で東京医大教授になった天才医者の葵。

しかし不運な飛行機事故でなんと前世の悪行三昧で処刑される16年前のエリーゼに転生してしまいました。

エリーゼとなった葵は、2回目のエリーゼの人生は幸せになると決心し天才医者として多くの命を救うことで過去にはできなかった人助けを医療を通してしていきます。

1回目のエリーゼは嫉妬と欲に目がくらみ悪行三昧で皇太子に処刑されますが、その時の政略結婚とは反対に2回目のエリーゼは婚約を阻止しようと奮闘し陛下に医者として認められ皇宮専属の医者に任命されました。

このことで多くの人々がエリーゼを医者として認めましたが、将来の皇后としても認めていく出来事となりました。

2回目のエリーゼは人を助けるために生きていく姿や適格な考え、凛とした姿に皇太子殿下リンデンが心を寄せていきます。

またエリーゼもまっすぐに自分をちゃんと見てくれる皇太子殿下に心惹かれていき、政略結婚ではなくどうにか婚約を阻止しようとしていたのですが本当に愛し合う二人に変化してきます。

しかしお互いの気持ちをどちらも素直になかなか表せずにもどかしく、時に困難な問題出た時は互いが助け合い、問題を解決していく毎に二人の気持ちが近づいていく状況で今後どのように二人がさらなる問題を解決し乗り越えていくのがこれからの見所でしょう。

エリーゼと皇太子殿下の二人の気持ちの変化と天才医者のエリーゼの努力していく姿がこの漫画の魅力でしょう。

ファンタジーな少女漫画ですがあらすじを読んで気になった方は電子コミックを読んでみてください。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

外科医エリーゼの主要人物紹介

外科医エリーゼの主要人物を紹介します。

まずは主人公でもあるエリーゼは1回目のエリーゼの記憶を持った天才外科医の葵が転生し、2回目の人生を幸せに過ごしたい一心で医者として人助けに奮闘していき多くの人に認められていきます。

また政治面でも才能を発揮し、皇太子殿下や陛下に様々な角度から意見を述べていくとても賢い女性です。

そんな女性と婚約をするのが皇太子殿下リンデンです。皇太子殿下は超能力者で、この能力を使えるのはごくわずかな人間のみです。

そのうちの一人がリンデンです。

最初はエリーゼに冷たく適当に陛下の命令だから婚約をすると言っていたが、人助けを頑張っている彼女の姿に心惹かれ、時には体力をかなり消耗する超能力を使って助けたりします。

しかし、不器用な方で彼女への気持ちを素直に伝えられなかったりして可愛い一面もあり、そんな彼の姿にはまる人は多いのではないでしょうか。

そしてリンデンの弟がミハイルです。

第二王子でエリーゼに恋心を抱いている様子が描かれています。

たまにリンデンとエリーゼの邪魔をしていますが、こちらもかっこいいので彼女がとても素敵な女性だという事が伝わってきます。

リンデンとミハイルの父がロマノフ皇帝です。

とても優しくエリーゼのことをとても気に入っていて、医者としても尊重しています。

糖尿病で亡くなるはずだったが彼女の治療のおかげで体調は良好に向かっていきますが、皇帝というものは常に誰からか狙われているのか油断できない状況です。

エリーゼの兄でエリーゼを溺愛しているのはクリスです。

一回目の人生では戦死してしまいましたが、今回は妹の助言により死亡を回避し、その有能さを買われリンデンの秘書に抜擢されました。妹への溺愛ぶりはずっと健在です。

主要人物意外にもわき役たちもしっかり細かくキャラクターが設定されているので、より主要人物たちが魅力的に感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました