アオアシ最新149話ネタバレ・感想!桐木はやる気がない?!

アオアシ ネタバレ 149アオアシ

本記事では、2018年9月3日発売のビッグコミックスピリッツ掲載漫画『アオアシ』最新149話のネタバレ・感想をご紹介していきます。
三つ巴の争いが期待される中で唯一の問題点があった。
それは、チェコで行われるU-18のこと。
これにより14日間、エスペリオンの代表選手が4人も抜けてしまうと言うことだった。
義経・山田・高杉・桐木と予想されていたメンバーだったが、発表されたメンバーは義経・山田・高杉そして…阿久津だった。
桐木は、この発表にショックで言葉が出ない様子であった…。
そこで今回は、2018年9月3日発売のビッグコミックスピリッツ掲載漫画『アオアシ』最新149話のネタバレ・感想をお届けしていきます。
関連記事:アオアシ最新刊13巻発売日はいつ?最新刊をスマホで読むならココ

スポンサーリンク

漫画『アオアシ』前回のあらすじのおさらい

今月、エスペリオンと船橋学院の直接対決があります。
順延されていたカードがここで激突するのだ。
三つ巴状態で目が離せないが、実はこの3チームは共通してある問題を抱えていました。
それは、代表戦。
代表戦とは、9月にチェコで行われるU-18のことだ。
14日間、エスペリオンは4人も主力が抜けることになる。
選ばれるのはいい事だが、ユースは高校と違って選手の数が少ないのだ。
穴埋めもままならない状況に、監督はずっと考え込んでいました。
試合スケジュールは…

  • 1週目 東京V
  • 2週目 大宮
  • 中3日 船橋学院
  • 中4日 FC鹿島

東京Vと大宮戦は確実に代表の4人は抜けてしまいます。
ここに来て一番不利になったと言って弁禅コーチは泣いていた…。
クラブユースで優勝できたのはいいが、夏場に全戦フルで戦ってレギュラーの疲労も大きいのだ。
その状態で、抜ける四人は誰になるのだろうか。
後でコーチが知らせに来るが、たぶん義経・山田・高杉・桐木と予想されていた。
志村は足がやばそうだし、平もまだ・・
栗林はU-20なので関係がない。
ただ、3連戦に入れるかどうかは分からないのだ。
時期的に、トップから戻れと言われる可能性は高い。
みんなが話している間、阿久津はずっとウェートトレーニングをし、桐木は音楽を聞いていました。
二人の態度を見て高杉が文句を言います。
「阿久津と桐木は無関心すぎる!戦力の底上げが出来てない。後輩が育っていないのは俺たちの責任でもある。なのになんだ、その態度は!!」
桐木は、育たないのは本人の責任だと話している。
阿久津は、ちゃんと関心があるのだという。
エスペリオンが最強である為にはチーム全体が強くならなくてはならない。
高杉は自分たちがチェコに行っている間、後輩をちゃんとまとめてくれと阿久津に話します。
阿久津「無駄だぜ高杉。桐木は今、チェコの事で頭一杯なんだろうよ。」
桐木は、栗林がいない時は、代表でもエスペリオンでも司令塔なのだ。
ボランチでチームを仕切っているから…
栗林がいないU-18での試合が楽しみでしょうがねえんだろう?と、桐木に嫌味を言う。
桐木は「バカバカしい・・」
と取り合わない。
軽くあしらわれた阿久津の顔が醜くゆがみます。
そこに福田監督がコーチ陣を引き連れて入って来て、代表メンバーの発表がされる。
チェコ遠征の4名は…
義経、山田、高杉 そして…阿久津。
桐木は、かなりショックを受けていた。
阿久津は、思わずガッツポーズ!!
代表4人は船橋戦には間に合うから合流。
東京Vと大宮戦のメンバーが発表されました。

  • FW オジェック
  • MF 松永、馬場、遊馬
  • MF 小早川、桐木
  • DF 朝利、竹島、富樫、青井
  • GK 秋山

監督は桐木に司令塔としてこのメンバーを仕切るよう申し渡します。
しかし、当の桐木はショックで上の空だった…。

サイト管理人
チェコ遠征の4人が決定しました。
メンバー確実と思われていた桐木でしたが、選ばれた4人は義経、山田、高杉、阿久津となりました。
かなり悔しそうではありましたが、冷静に考えればまとめ役として桐木が一番です。
サブ組もしっかりと活躍して欲しいところですね!

漫画『アオアシ』最新149話 ネタバレ・考察

 

代表4人の決定

代表は、義経、山田、高杉、阿久津となりました。
そして桐木はプレミアリーグでチームを仕切ることを命じられました。
しかし代表に選ばれなかったショックで桐木は上の空。
U-15から呼ばれてただけにショックは大きい様子。
そんな桐木に弁禅コーチが、市村U-18代表監督から届いた落選の理由を話します。
夏場のクラブ公式戦を全てビデオで確認したとのこと。
全戦出場の疲労もあってか、気持ちが切れるような場面があったのだという。
だからこそ、疲労を考慮したというのだ。
 

監督命令

弁禅コーチ
「今回はクラブに集中せい、桐木。」
しかし、桐木は納得いかなかった、それもそのはず。
なぜなら、阿久津だって全戦出ているからだ。
そして、福田監督が話を進める。
主力4人が抜けるのは痛いが、サブメンバーにとっては格好のアピールの場である。
DFラインは1年が形成し、朝利と竹島、あと橘もAに上げる。
志村も休ませて・・栗林は船橋戦をもって、トップに戻る。
士気が、まったく上がってこない選手たち。
弁禅コーチが話します。
不安になる気持ちはわかるが・・
東京V戦と大宮戦・・・
プレミアリーグ2戦を経験のない1年と乗り越えなくてはならない。
経験ある桐木と小早川が鍵になる。
「桐木、頼むぞ。福田の言う通り司令塔として・・・」
桐木は上の空で聞いていなかった。
ここで阿久津が口をはさんだ。
「そう言うとこだぜ、桐木。」
「高杉、お前もだ。」
お前ら二人とも、自分が代表に選ばれる前提の感じだったよなァ。
俺たちがいない間、お前が頼りだ阿久津?
高杉はカチンときた様子だったが、阿久津はかまわず続けます。
「そういうとこなんだよ。だから、下だと思ってた奴に出し抜かれんだぜ。桐木よォ~」
桐木は、阿久津の顔を見ます。
阿久津はこれ以上ないしてやったり顔をしていたが、弁禅コーチが阿久津を止めます。
「代表1回受かった落ちたで上も下もない!とにかく次の東京V戦はすぐだ桐木!頼むぞ!!」
勝ち点1でも良しとする。
それで・・
福田監督は弁禅コーチの話を遮って
勝ち点3を持ってこいという。
これは監督命令だ。
 

立場の違い

未熟なチームをまとめ上げて、必ず勝てという福田監督。
さらに、勝たなければしばらく桐木を使わないとまで話す。
そこでようやく上の空だった桐木に危機感が生まれたのだった。
夜錬組はというと、BからAに昇格したのは菅原、竹島、橘、朝利の4人だった。
皆で喜びあいながら、葦人もガッツポーズして興奮していました。
大友
「この2か月、相変わらず誰もAで出番なくていつBに落ちるかびくびくしてたが…まさか1年増えるとはな!」
橘は都リーグで得点王の武蔵野の金田を猛追していたらしい…
一緒に練習していた増子が先に帰ると言い出しました。
これでセレクション組とスカウト組が全員Aに上がったことになります。
しかし、昇格組の不甲斐なさが際立っており、喜んでる場合ではない。
ロープを使った練習も意味があるとは思えないというのだ。
夏場で練習後ヘトヘトなところに、土のグラウンドで・・夜という事もあり正直危ない。
増子は福田監督が来てくれる木曜だけ参加すると言い出したのだ。
ようやくBで出られるようになったのに、ここで怪我とかありえないと言い残し、増子は帰って行った。
しかし残った皆は、増子を悪く言わない。
調整は人それぞれ。
少し離れたところで見ている遊馬は雑誌記者の金子に話しかけます。
温度差が出てくるのは仕方ないが、シーズンも山場。
立場がハッキリ分かれてきている。
金子は、1年の中で遊馬だけが余裕ある感じなのが異質だと感じていました。
そして、遊馬は続ける。
葦人は極端だと。
この2か月、一番頑張っていて、間違いなく一番疲れてる。
そして、一番夜錬の成果を身につけてる。
壁を前にすると愚直にやる。
もうちょっと余裕持てばと思う事もあるが…でも楽しみだと。
あいつの特訓の成果がプレミアリーグで発揮されるのが!
葦人は今日もやる気全開で、元気いっぱい!
腰にロープを巻き付けたまま、東京V戦に向けて気合を入れていた。
 

悔しさ

夜、エスペリオンの練習場に来た栗林が桐木とすれ違う。
その時、栗林は桐木の表情を見て驚きます。
「へー。お前そんな顔もできるんだな。」
ガンッ
桐木は悔しさで壁を叩いていた…。

サイト管理人
説明を受けても尚悔しさの残る桐木。
そして、福田監督から与えられたプレッシャー。
それに対し、明津は少しはしゃぎすぎなところがあるので痛い目を見たいと良いのですが…どうなることやらですね。
関連記事:アオアシ最新150話ネタバレ・感想!葦人がスタメン入りに?!
漫画『アオアシ』ネタバレ・感想一覧はこちら
 

149話の感想

今まで悔しい思いをしてきたというのはわかりますが、阿久津は少し浮かれすぎですよね。
こういう言葉場自分に返ってくるものですし、痛い目を見ることにならなければいいですね…。
2ヶ月間空白となっていた夜練組もきになってはいたのですが、試合には出れなかったようでしたね。
しかし、葦人でなく皆の成果が出ているということで、昇格してよかったですね!
いよいよ葦人の念願のプレミアリーグ再出場ということになりましたね。
そりゃあ気合も入るわけですよね!
しかも、毎日一緒に練習した朝利たちとDFラインと言うのもとても楽しみです。
また、現在はショックで苛立ちを隠せない桐木ですが、桐木がチームをどうまとめてくれるかと言うのも楽しみですね!

漫画『アオアシ』最新149話は面白い?最近の読者の感想は?

 

漫画『アオアシ』最新刊を今すぐ無料で読める方法を限定公開!

アオアシ ネタバレ 143

  • 漫画『アオアシ』最新刊の内容が気になる!
  • 漫画『アオアシ』第1巻から読みたいから漫画喫茶行こうかな?
  • 漫画『アオアシ』を今すぐ読み直したい!

そんな、今回ご紹介させて頂くおススメな方法は、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』になります。
映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。
そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施していて、これが絶賛お勧めな最大な理由です。
私も無料トライアル期間という事で登録してみました!
そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。
何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。
U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから。
ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。
花園メリーゴーランド ネタバレ最終回
 

まとめ

今回は、2018年9月3日発売のビッグコミックスピリッツ掲載漫画『アオアシ』最新149話のネタバレ・感想をお届けしてきましたがいかがでしたか?
代表確実と思われていた桐木が、残ることになった遠征メンバー。
コーチや監督からの言葉もショックで届かない桐木でしたが、未熟なチームをまとめ上げて、必ず勝てという福田監督の言葉に反発する桐木。
そして、昇格した夜連組も成果は出てきているとはいえ、まだまだ。
桐木が、どう彼らを引っ張って言ってくれるのか、これからの展開に期待ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました