いとなみいとなめずの評判・あらすじ※読むなら電子書籍

いとなみいとなめずの評判・評価、口コミ

「いとなみいとなめず」は、女性経験のない主人公と男性経験のないヒロインが結婚し様々な問題に直面しながら成長していくストーリーとなっていますが、様々な物事に対して経験がないためとんちんかんなことばかりを行っているところが微笑ましいと評判の漫画です。

現代社会では様々な知識がいたるところで得られるものとなっており、結婚生活やその他の男女の営みなども近年では多くの人が子供の頃から様々なところからの情報を得て知っていることが多いものです。

昔は現在ほど情報源がなかったので、知らないと言う人も多かったのですが、現代社会ではナンセンスとも言われるこの知識のなさを題材にそれでも勢いで結婚してしまった2人に対して、様々な物事が巻き起こると言う非常に面白いものとなっているのが特徴です。

内容が非常にシンプルなものとなっているのでその評価を分かれるところも多いのですが、このようないわゆる清純派とも言うべきストーリーは近年で珍しいと思います。

なので、このタイプの話が好きな人にとっては非常に面白いものとなっているため、口コミなどでも評判でどんどん読み進めたいと思う人が多いようです。

「いとなみいとなめず」の電子書籍版は簡単にどのような場所でも読むことができるため特に人気が高まっており、そのデータをスマートフォンに入れておくことで手の空いた時にどこででも読むことができます。

次々と様々なトラブルが巻き起こるストーリーにどんどん読み進めたいと思う人も多く、単行本では持ち歩くのが大変なことも多いのですが電子書籍であればいつでも読むことができるので、非常に読みやすいと評判となっています。

また面白いと思った場面を簡単に何度も読み返すことができるので、この点では「いとなみいとなめず」の電子書籍版は非常に便利なものと高く評価されているのです。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

いとなみいとなめずのあらすじ

「いとなみいとなめず」は女性経験のない主人公がアルバイト先である女性に一目惚れをし、その女性に何の脈絡もなくいきなりプロポーズをしてしまうところから始まります。

プロポーズをされたヒロインはその時に高校2年生で、このヒロインも男性経験がなくプロポーズの意味もよくわからないことからオーケーの返事をしてしまい、高校卒業後に2人はめでたく結婚することになりました。

しかし夫のほうは女性経験がなく、妻のほうも高校卒業直後で様々な物事を知らずに育ったため全く経験がないことから、夫婦として当然行うべき様々な物事に対して何をどう行ったら良いか分からない状態で結婚生活がスタートすることになります。

そのために一般の人から見るととんちんかんなことを真面目にやり遂げようとする姿が微笑ましく、またときにはとんでもない事態を巻き起こしてしまうことになるのが現実離れしており非常に楽しいストーリーとなっています。

最近のコミックでもなかなか現れないこのあらすじは、現代のプラトニックな関係をも超越したものとなっており、現代ではほとんどありえないものと感じられることも少なくありません。

しかし、あくまでもコミックであるためありえない世界を面白おかしく表現する方がストーリーとしては楽しめるものとなっており、「いとなみいとなめず」もその現実離れしたストーリーがありえないと感じながら面白おかしく読み進めることができるものとなっています。

現代のコミックやその他の様々な物語は現実世界を題材としていることが多く、そのようなストーリーに慣れている人も多いでっしょう。

しかし、「いとなみいとなめず」ではあえてそのようなストーリーではなく、現代の多くの人がありえないと考えている話が楽しめるので非常に面白いコミックであると話題です。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

いとなみいとなめずの主要人物紹介

主人公の純岡清は女性に縁のないしがないサラリーマンで、結婚したいとは思っていてもどのように女性にアプローチをして良いか分からないといった存在です。

一般の男性と同じように様々な妄想をしたりはするものの、女性に全くモテないためそのようなことには縁もなく、空想に生きる毎日を送っていました。

そんな清がある日立ち寄った弁当屋でその可愛らしさに一目惚れしてしまうのが、やがて妻となる飛鳥馬澄です。

清と出会ったときには当時まだ高校2年生と言う若さでしたが、澄もまた同年代としては非常に奥手であり、男女の事などには全く興味のないのが特徴となっています。

清は澄の可愛らしさに何とか仲良くなりたいと思い声をかけるのですが、その時に何をどう間違ったのかプロポーズの言葉を発してしまうことになり、これに対して澄もOKの返事をしてしまうところから話がおかしくなり始めます。

実際には当時澄が高校2年生であったため結婚ができず、澄の高校卒業を待って結婚式を挙げ晴れて夫婦となるのですが、様々な物事に純粋である2人はどのように何をすれば良いかも全くわからない状態で生活をスタートさせることになるのがこの物語の始まりとなっています。

「いとなみいとなめず」の面白さは、現代では考えられないような純粋さを持った2人が夫婦として成長してゆく様を描いている物語となっているのが特徴で、さまざまな試行錯誤を繰り返しながら徐々に夫としてあるいは妻として成長していく姿が非常に面白いものとなっているのがポイントです。

お互いに何もわからないため誤っていることに気づかず、周囲から見ると何をやっているのかと言うようなことになる場合も多いのですが、非常に楽しめる作品となっているのが魅力です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました