異世界でカフェを開店しました。の評判・あらすじ※電子書籍で読める!

スポンサーリンク

異世界でカフェを開店しました。の評判・評価、口コミ

『異世界でカフェを開店しました。』という作品は、甘沢林檎先生による日本のライトノベルとして2012年にスタートした作品です。

文庫版も刊行されているので、読書が好きな方を中心に広がっていきました。また電子書籍にもなっているので、タブレットやスマートフォンでも手軽に読めるようになっています。

そして作品の特徴の1つが、漫画化もされる注目のお話だという点です。

漫画版では原作になかったエピソードが追加されるなど、小説で読んだ方も楽しめるようにストーリーが工夫されています。

さらに原作とは異なる流れのエピソードも用意されているので、小説と漫画の両方を読んで比べるという楽しみ方もあります。

作品の評価されている点の1つが、登場する料理がおいしそうだというものです。

特に小説とは異なり漫画版だと絵があることから、料理の魅力が伝わってくると口コミなどで評判になっています。

異世界のお話なので、使っている食材が少し変わっている中、主人公がどのように料理を通して異なる環境で生きていくのかという見方もできます。

食文化が発展していない環境の中で、新たな文化を作っていくことになるストーリーにも注目です。

そして料理中心にストーリーが進んでいく中で、主人公の恋愛要素も評価が高まる理由の1つです。

最初は騎士としての出会いから、同じカフェで働く従業員へと2人の関係は変化していきます。関係がすぐに発展するように見えて、恋愛要素の発展がないもどかしさも評価を集めているポイントです。

最初は主人公1人での異世界におけるカフェの開業でした。料理を通して主人公が関わる人の数が増えていき、どのような成長を遂げていくのか注目のストーリーになっています。

電子書籍だと、いつでも好きな時に読めるのでおすすめです。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

異世界でカフェを開店しました。のあらすじ

異世界ものと聞くと、勇者となって世界を救う物語を想像する方もいるでしょう。

しかしこの作品は、勇者として呼び出されて活躍するわけではありません。料理を通して、異世界の食文化を発展させていく物語です。

コミックのあらすじは、黒川理沙が異世界に呼び出されるところからスタートします。異世界で元の世界に戻ることができないと聞いた理沙は、王国の魔術師の家に居候をするようになります。

戸惑うことが多い世界の中でも、親切な魔術師の夫婦や使用人たちに助けられ彼女は徐々に異世界に馴染んでいくのです。

しかし徐々に生活には馴染んでいくものの、彼女にはどうしても我慢できないものがありました。それがこの世界における食文化です。

黒川理沙が呼び出された世界は、食材は豊富にあるものの美味しく食べるという文化が存在していない世界でした。

食事への不満を我慢できなくなった主人公は、自分で作ると決意します。

最初は元の世界の料理が受け入れられるか不安だったものの、実際に作ってみると屋敷の人たちに美味しいと感謝されました。

働こうと考えた主人公は、ある日カフェを開店することになります。

カフェを開店してすぐに、店に酔っ払いが訪れてトラブルに巻き込まれます。その時に助けてくれたのが、以前町で出会った騎士団の青年でした。

このトラブルがきっかけで騎士団の青年は、主人公が開店したカフェで働くようになるのです。

最初は主人公1人で始めたカフェでしたが、彼女の料理に惹かれて少しずつ従業員の数も増えていきます。

国からの依頼をこなすようになるなど、徐々に彼女の料理への注目も高まっていきます。時にはトラブルに巻き込まれながらも、さまざまな料理を通して活躍の場を広げていくことになるのです。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

異世界でカフェを開店しました。の主要人物紹介

『異世界でカフェを開店しました。』の主人公となるのが、ある日異世界に呼び出された黒川理沙です。異世界に転移後は、カフェを開業するために戸籍が必要だという理由から、クロード家の養女となり、リサ・クロードと名乗るようになります。

またこの世界に来る前は、田舎農家の末っ子として育ち自給自足生活に関する知識と経験があります。

そのため料理が得意で、日本とは異なる異世界の食材を使ってさまざまなメニューを作っていくことができます。

主人公であるリサを助けるのが、植物を津坂ドル緑の精霊です。リサにバジルと名付けられ、慣れない異世界生活のサポートを行っていくことになります。

筆頭王宮魔術師であるギルフォード・クロードは、異世界にやってきたリサを最初に発見した人物です。そしてリサを養女とし、カフェを開業するための手助けもしています。

アナスタシア・クロードはギルフォードの妻で、リサの義理の母という立場になります。リサの料理を知り合いに自慢し、そのことがきっかけで来店する客も多くいます。

最初は1人で始めたカフェに最初の従業員となるのが、騎士団で働いていたジーク・ブラウンです。

ジークは、リサの作るスイーツに衝撃を受けたことで騎士を辞めてカフェで働くようになります。そして一番弟子を名乗り、スイーツの魅力にひかれていくのです。

当初はリサを師匠という立場で慕っていましたが、やがて2人の関係はより親密になっていきます。

パン屋の娘のヘレナ・チェスターは、リサのカフェの影響で客足が激減し、逆恨みをして嫌がらせの結果ボヤ騒ぎを起こしてしまいます。

その償いでカフェで働くようになります。このようにさまざまな人物が登場し、物語を彩っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました