高嶺のハナさんを読むなら電子書籍がおすすめ※評判・あらすじ

高嶺のハナさんの評判・評価、口コミ

「高嶺のハナさん」は、ムラタコウジ先生によって描かれたラブコメ漫画です。

男性向け週刊漫画雑誌で掲載されていますが、女性からも人気があります。

主人公はクールビューティーなバリバリのキャリアウーマンなのに、恋愛に対してはダメダメなところが面白可愛いことで多くの人から人気が高いです。

まだ読んだことがない人は高嶺のハナさんの評判が気になるはずですが、高い評価をつける人がとても多いと言えます。

5段階評価のうち5か4をつける人がほとんどです。稀に3以下がつけられることもありますが、ライバルキャラの女の子の性格が悪いからなどの理由でこのような評価となることが多いと思われます。

クールな女性のギャップが好きな人、弱々しいけれどいざというときには男気を見せるキャラが好きな人などから支持され、口コミでも好評です。

シリアスな展開というよりはコミカルに話が進んでいくので、明るい気持ちで読み進めることができることからも評判が良いです。

高嶺のハナさんはコミック化もされていますが、電子書籍で購入する人が多いと言えます。

まだ連載が続いている作品であり、何巻まで発売されるか分からないことから電子書籍を選ぶ人も多いです。

また、内容は健全ですが男性向け週刊漫画雑誌に掲載されていることから読んでいることを知られたくないと考える人も、単行本を自分の部屋に置かなくて良い電子書籍を選ぶ傾向があるようです。

発売したら書店に行かなくてもすぐに購入できることからも、この漫画を読みたいのであれば電子書籍の利用がおすすめだと言えるでしょう。

まずは1話だけ読んで面白いと感じたら続けて購入することもできるので、この方法による購入を検討してみると良いと思います。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

高嶺のハナさんのあらすじ

「高嶺のハナさん」のコミックの簡単なあらすじを説明すると、バリバリのキャリアウーマンとダメダメな後輩男子がお互いに好きになるけれど、なかなか恋愛関係に進展できないオフィスラブコメディだと言えます。

伝統あるお菓子メーカーのエースである高嶺華と後輩社員の弱木強の両片思いが描かれており、企画した商品は全て大ヒットするような女性社員が恋愛においては小学5年生レベルになってしまう様子が面白可愛く表現されている作品です。

華はダメダメな弱木につい強く指導してしまいますが、心の中では好きな気持ちを抑えることができずに、家に帰ってから自分の態度を泣きながら反省するような状況が続きます。

しかしながら、華に憧れていて無自覚に好意を寄せている弱木は少しのことではめげません。

仕事に対する空回りは続きますが、華に強く当たられてもモチベーション高く仕事を続けており、更に華は弱木を好きになるというわけです。

途中からはチヤホヤされたくてみんなから憧れられている華を敵視する女の子が登場し、この子は自分をチヤホヤしない弱木を何とかして自分に惚れさせようとします。

他にも社内で1番のプレイボーイが登場し、華が自分に惚れていると勘違いし、弱木の無自覚な恋心を知りながら華にアプローチをかけるようなこともあり、両片思いの2人には様々な試練が降りかかります。

なかなか恋愛は進展せずにじれったい気持ちになるかもしれませんが、オフィスラブコメでありながら青春らしい甘酸っぱさが感じられるストーリーとなっていると感じるはずです。

果たして2人が交際まで至るのかどうか、ワクワクしながら楽しく読み進めることができるコミックだと言えるでしょう。

電子書籍サイトのおすすめランキング

高嶺のハナさんの主要人物紹介

主人公は大手お菓子メーカーであるミツバチ製菓に勤める「高嶺華」です。商品企画部所属の27歳のキャリアウーマンであり、華が企画する商品は必ず大ヒットし、常に社内のエースとして活躍しています。

美貌から男性社員の憧れの的ですが、高嶺の花の存在でプロ野球選手などの大物と交際しているのだろうという噂があるほどです。

後輩の弱木のダメっぷりに惚れていますが、恋愛に対しては小学5年生レベルなので、気持ちとは裏腹に冷たい態度になってしまいます。

振り向かせようと頑張りますが、鈍感な弱木は気づかないのでいつも空振りで関係が進展しません。

「弱木強」は華と同じ部署に所属する24歳のダメダメな社員であり、発想がイマイチなので提案するあらゆる企画が没になるようなタイプです。

華に対して尊敬の気持ちが強く、惚れていることには全く気がついていません。いつもはダメダメですが、他の女性社員が甘えてくることに対して厳しく注意するなど、意外と男を見せるときもあります。

「天井苺」は総務部に所属しており、親衛隊が結成されるほど人気が高いです。しかしながら、何もしなくても社内で陰ながら人気のある華を勝手に敵対視しています。

その上、自分に全く興味を示さなかった弱木にも惚れさせようと大胆な行動に出ることが多いです。

弱木の鈍感さや華のポテンシャルの高さで作戦は失敗に終わってばかりですが、何とかして目標を達成しようと奮闘しています。

「更田元気」は商品企画部の25歳男性社員であり、社内で1番のプレイボーイです。

ひょんなことから華に惚れられていると勘違いし、弱木にちょっかいを出しつつも華のことを狙ってみようとするキャラクターだと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました