執事たちの沈黙の評判・あらすじ!読むなら電子書籍

執事たちの沈黙の評判・評価、口コミ

もしかすると、執事=完璧でイケメンのかっこいい存在と思っている方もいるかもしれません。

しかし「執事たちの沈黙」という作品に登場する執事は、完璧な人間ではなくクズ男という設定です。仕事は完璧にこなすものの、私生活ではパチンコや女遊びが大好きなダメな男です。

その執事が働いている家のお嬢様と恋に落ちるというラブストーリーになります。

電子書籍でも手軽に読めることで、注目している方が多い作品になっています。

「執事たちの沈黙」という漫画の評価の1つが、執事としての真面目な勤務姿とダメ男の歳三のギャップがたまらないというものです。

正体を隠してお嬢様と接する姿が、気づかれないかとハラハラする展開を楽しめるという口コミや評価が多く見られます。

そして評判が高いポイントには、お嬢様の歳三に対する一途な姿もあげられます。普段はわがままなお嬢様なのに、歳三と接するときだけ一途な女性の顔になるのです。

その一途な姿にやがて惹かれていくものの、執事という正体がバレないようにするために必死に行動します。

さらに歳三への恋をあきらめさせようと動くものの、恋は盲目のお嬢様には通用しないという展開が面白いと評判です。

また和巳と歳三という2つのキャラを使い分ける主人公も評価が高まる点の1つです。

同一人物なのに2つの顔があることでギャップを感じたり、時にはバレそうになってハラハラしたりさまざまな見方ができる作品です。

そして執事の時のスキルの高さや、あの手この手でダメ男を演じる歳三の面白さも作品に色を添えています。

見る人の立場を変えるだけで、新たな楽しみ方ができるというのも「執事たちの沈黙」の魅力として注目を集めているのでしょう。

1度読むだけではなく、2度3度と読むと新たな発見があるかもしれません。

是非、どこでも手軽に読める電子書籍で読んでみてください。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

執事たちの沈黙のあらすじ

「執事たちの沈黙」のコミックのあらすじは、品行方正な執事である和巳とお嬢様の2人の関係からスタートします。

品行方正な執事であるといっても、実はこれは和巳の表の顔です。裏の顔は女遊びやパチンコを愛するクズ男なのですが、ふとしたきっかけで椿に裏の顔が見られてしまいます。

そして和巳の裏の顔を見た椿は、和巳だと気づかずに恋に落ちてしまうのです。

恋に落ちた椿は、自身の思いを叶えるべく和巳の裏の顔に猛アタックを開始します。

しつこく迫られた和巳は、とっさに歳三と名乗って執事とは別の人物であるようにふるまうのです。猛アタックを受けたものの、正体がバレたら仕事をクビになるかもしれません。

何とか椿をあきらめさせようと、ダメな男の歳三を演じます。しかしダメっぷりを見せても椿はあきらめるどころか、ますます歳三に夢中になってしまうのです。

歳三への思いをあきらめさせようと行動する中で、和巳自身も椿に惹かれるようになっていきます。

正体がバレるのはNGという状況の中で、2人の関係はどのように変わっていくのでしょうか。和巳と歳三という2人の顔を使い分けながら、椿の接し方への変化にも注目です。

「執事たちの沈黙」のあらすじの注目ポイントは、恋は盲目のお嬢様の頑張りです。

今まで勉強は苦手だったものの、歳三のために勉強を頑張ったり苦手な料理にチャレンジしたり椿も変わっていきます。

その変化を和巳として身近で見ていくことで、やがて椿に惹かれていくようになるのです。

果たして椿が歳三と和巳が同一人物だと気づくのはいつなのか、同一人物だと気が付いた後に2人の関係がどのように変わっていくのかに注目です。

2人の思いが成就する日はくるのでしょうか?

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

電子書籍サイト特集ページへ

執事たちの沈黙の主要人物紹介

「執事たちの沈黙」の主要人物は、執事である和巳とお嬢様の椿になります。

そして和巳は執事という表の顔だけではなく、裏の顔である歳三というキャラクターを使い分けていきます。裏の顔が椿に偶然見られて恋をされたことをきっかけに物語は進行していくのです。

和巳の表の顔である執事は、品行方正で勤務態度も非常にまじめです。

雇い主である椿の父からも信頼されていて、まじめすぎて椿には嫌がられているほどです。

わがままなお嬢様のことを疎ましく思いながらも、嫌いなにんじんを食べさせようと料理を工夫するなど執事としての高いスキルも持っています。

しかしまじめな執事姿は表の顔で、裏の顔ではパチンコや女遊びが大好きという一面を持ちます。

一方で和巳の裏の顔となる歳三は、椿に裏の顔を見られたときに思わず使った名前です。実は猫と同じ名前で、椿にしつこく名前を聞かれて慌てて名乗った名前でもあります。

恋心をあきらめさせようと、歳三はダメ男を演じていきます。しかし椿の思いをあきらめさせようと行動しているはずが、自分が恋をする展開になってしまうのです。

ある時は和巳、ある時は歳三として椿に接しながら2人の距離が縮まっていくのでした。

物語のヒロインである椿は、お金持ちのお嬢様です。家での態度はわがままで、にんじんが嫌いで少しでもスープに入っているだけで和巳に文句を言っています。

そんな椿は、ある日街で偶然パチンコをしている和巳に出会います。しかし和巳だと気づかずに恋に落ちてしまうことから物語が始まります。

慣れない家事や勉強にチャレンジするなど、恋は盲目のお嬢様は必死に行動していきます。普段のわがままな姿と一生懸命な姿のギャップに、和巳もやがて惹かれていくのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました