『七つの大罪』最新258話ネタバレ・考察!メリオダスとエスカノールが再戦?!

『七つの大罪』最新258話ネタバレ・考察!七つの大罪

本記事では、少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新258話のネタバレ・考察をご紹介していきます。
聖剣を手にしたアーサーを回収するも、キューザックによりアーサーを失ってしまいました。
それでも悲しみを胸に秘めたマーリンは前を向き、エリザベスとメリオダスを救うことを誓います。
作戦・部隊編成も決まり、いよいよ魔神軍と連合軍の聖戦が始まります。
七つの大罪はチャンドラーとキューザックに勝利することができるのでしょうか。
それでは、漫画『七つの大罪』最新258話のネタバレ・考察を前回のあらすじのおさらいとともに見ていきましょう!
関連記事:『七つの大罪』最新刊30巻無料を電子書籍アプリで読める方法

漫画『七つの大罪』前回のあらすじのおさらい

 

アーサー死す

アーサーは薄れ行く意識の中で、聖剣を離せと叫ぶマーリンの声を聞く。
しかしアーサーの身体は言うことを聞かず、ついに意識が途切れる。
「まだだ小僧、最後の力を振りしぼり己の心臓を破壊しろ!!」
キューザックの洗脳は続いており、アーサーは聖剣を離すことなく息絶えた。
しょげているのではないかと心配したホークがキャスの方を見ると、意外にもキャスは歯ぎしりをして怒りを噛み殺していた。
「なんで・・・なンデ、ナンデ、ナン・・デ・・・ダ!!!」
アーサーの死に悲しむ中、リュドシエルの使いがエリザベスと七つの大罪の代表をリオネス城に来るよう願い出る。
 

決意を新たにするマーリン

マーリンはアーサーの死体を前に、秘めた可能性を引き出してやれてさえいればと後悔を語る。
マーリンにとってアーサーはかけがえのない存在となっていたが、そんなアーサーを失った今、マーリンの目の前にはただ闇が覆っている。
エリザベスが昔マーリンにしていたように、おでこにキスをして慰めるとマーリンの頬から一筋の涙が頬をつたった。
これだけでマーリンは少し救われた気がした。
切り替えたマーリンは立ち上がり、呼び出されていたリオネス城へ向かい、今後の作戦の確認をすることにした。
「これ以上大切なものを失うことは私自身が許せん!!」
無理をしてでもエリザベスの呪いを解き、メリオダスの魔人化を食い止めると誓うマーリンであった。
 

作戦・部隊編成

マーリンが仕切り、作戦会議が始まる。
エスカノールにマエルの恩寵を感じ、驚くサリエルとタルミエル。
作戦は防衛部隊・掃討部隊・強襲部隊の3つの部隊に分かれて行われる。
防衛部隊はドレファス・グリアモール・ヘンドリクセンが指揮を取り、掃討部隊は聖騎士団からハウザー・ギルサンダー、四大天使からタルミエルとサリエルが指揮を取る手筈となった。
掃討部隊に参加すると聞き、恋人が討たれる様を見るのは忍びないのかとエリザベスを煽るリュドシエルであったが、
「残る十戒をさがして戒禁がメリオダスの手に渡るのを阻止するのも重要な役割」
「それにはエリザベス様の助力は必要だろ」とタルミエルとサリエルに諭される。
そして強襲部隊はマーリン・エスカノール・リュドシエルの3人で行くことになっていたが、リュドシエルが変更を要望する。
ヘンドリクセンを護衛につけるというリュドシエルに猛反対するドレファスであったが、ヘンドリクセン自身の志願だということを聞き、黙るしかなかった。
ギルサンダーも流れに乗じ、マーガレットを護るために強襲部隊に参加する。
一方、魔神軍はチャンドラーとキューザックが本領を発揮しようと待ち構えていた。
運命の決戦まであと僅かとなった。
 

前回の感想

アーサーはどうやら永遠の眠りについたようですね。
驚いたのはマーリンの涙。
今回の落ち込み具合もそうですが、前回かららしくなく焦っていて、マーリンのアーサーへの愛情は思ったより深いことがわかりました。
史実のこともありますから、どうしても復活するんだろうなという考えが浮かび上がります。
キャスの正体や魔力の覚醒などの回収もどうやら後回しになるようで、もどかしいですが期間が続きますが、それだけに楽しみですね。

漫画『七つの大罪』最新258話 ネタバレ・考察

 

部隊編成まとめ

少々分かりづらかったという方のために、部隊編成の最終結果をまとめました。
忘れた際には、ここをお使いください。
 

防衛部隊

リオネスを死守する部隊。
指揮を取るのは以下の3名。

  • 南門:ドレファス
  • 東門:グリアモール
  • 北門:?(リュドシエルがヘンドリクセンを引き抜いたため未決)

 

掃討部隊

キャメロットへ南下し、魔神軍と正面から衝突、撃破していく部隊。
ギルサンダーが強襲部隊へ移ったため、指揮を取るのは今のところこの三名。

  • ハウザー
  • タルミエル
  • サリエル

聖騎士団側の指揮を一人追加されるかもしれません。
エリザベスと七つの大罪、巨人の里と妖精王の森の友軍が傘下に入ります。
 

強襲部隊

キャメロットに直接攻撃を仕掛ける、最少人数構成の部隊。
少数精鋭の理由は、ゼルドリスの戒禁「敬神」による二次的な被害を最小限に抑え、かつ混戦を防ぐため。
最初は3人でしたが、リュドシエルの護衛にヘンドリクセン、マーガレットを護るためギルサンダーが追加されました。

  • マーリン
  • エスカノール
  • リュドシエル
  • ヘンドリクセン
  • ギルサンダー

 

七つの大罪はチャンドラーとリベンジマッチ!

掃討部隊の相手は、魔物の大軍を連れたチャンドラーとキューザックとなりました。
七つの大罪は以前チャンドラーと戦い、力の差を見せつけられる結果になっているのでリベンジを果たしたいところです。
リベンジといえば、チャンドラーにグロキシニアとドロールを殺された巨人の里と妖精王の森の友軍。
グロキシニアとドロールの敵討ちとして彼らにも一矢報いるチャンスが訪れるのではないでしょうか。
問題は戦力差。
本気になったチャンドラーとキューザックを相手にするには、少し戦力が足りないように見受けられます。
しかし、防衛部隊はハッキリ言ってザルなので、掃討部隊が止めなければリオネスは終わりと言っても過言ではありません。
掃討部隊の勝利は必須条件ですが、誰がチャンドラーたちを倒すのでしょうか?
タルミエルやサリエルの力は十戒クラスですから、上位魔神を相手にするのは厳しいように感じます。
キングには羽が完全になるという上がり目が残されていますから、そこに望みを託すことになりそうです。
キングやディアンヌの覚醒は必須となるでしょう。
 

メリオダスVSエスカノール再び

強襲部隊の戦力はリュドシエル・マーリン・エスカノールで魔神軍のメリオダス・ゼルドリスと戦うことになります。
メリオダスと戦うのはエスカノールでしょう。
マエルの恩寵により正午には彼の右に出るものはいませんから日が高い内にメリオダスを無力化しにくることが予想されます。
リュドシエル・マーリンとゼルドリスも、戒禁を賭けた攻防で因縁があります。
構図的には過去に戦ったカードの決着が多いように思います。
エスタロッサの動向も気になります。
この聖戦にどう絡んでくるかで戦況は大きく変わってきますから、エスタロッサにも注目していきましょう。
関連記事:『七つの大罪』最新259話ネタバレ・考察!エスタロッサが最大の脅威になる?!

漫画『七つの大罪』 最新258話がヤバい!読者の感想・評判は?

 

漫画『七つの大罪』最新刊を今すぐ無料で読める方法を限定公開!

『七つの大罪』最新257話ネタバレ・考察!

  • 漫画『七つの大罪』最新刊の内容が気になる!
  • 漫画『七つの大罪』第1巻から読みたいから漫画喫茶行こうかな?
  • 漫画『七つの大罪』を今すぐ読み直したい!

そんな、今回ご紹介させて頂くおススメな方法は、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』になります。
映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。
そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施していて、これが絶賛お勧めな最大な理由です。
私も無料トライアル期間という事で登録してみました!
そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。
また、読める漫画の種類も大変豊富で、品揃いには定評があります。
何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。
U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから。
ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。
 
花園メリーゴーランド ネタバレ最終回
 

まとめ

『七つの大罪』最新258話ネタバレ・考察!
出典:http://eiga.com/news/20170807/21/
今回の『七つの大罪』最新258話のネタバレ・考察はいかがでしたか?
キャスの正体、エスタロッサの動向、アーサーがいつ復活するのか、エリザベスの命の猶予など気になることはたくさんありますが、当面は戦いに重点が置かれるようです。
リュドシエルがヘンドリクセンを連れて行くこと、ギルサンダーも強襲部隊についていくことにより、雲行きは怪しくなります。
これから一体どういう展開を見せてくれるのでしょうか。
アーサーを失ったままで不安は残りますが、聖戦の行方を見守っていきましょう。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回259話をお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました